右手の使い方

今回は、右手の使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフでは、誰もが飛距離にあこがれると思います。
飛距離を稼ぐためのポイントは、右手の使い方にあります。

右手のぎゅっと締め上げて、クラブを握ると、ボールに力が伝わります。
まずは、アドレスです。上半身は適度にリラックスします。

リラックスが大事ですが、グリップまでゆるゆるになってはいけません。
力を入れるべきところには、力を入れていきます。

親指と人差し指の付け根にテンションをかけて、
締めるように握ります。人差し指がグリップに触れるようにします。

親指と人差し指が緩んでしまうと、ヘッドの動きが不安定になってしまうので、
注意して下さい。

バックスイングでは、身体の捻転に伴って、クラブをインサイドに上げていきます。
クラブが腰の高さまで上がってきたら、右手を右肩の方向へ上げていきます。

そうすると、トップの状態になったときに、右手でお盆を持つような形になっているはずです。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右手でボールをたたいていきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、右手を伸ばしていきます。
この時に右手の親指を下方向に向けていくことで、スイング軌道を低く長く押し出していくことができます。

右ひじの使い方

今回は、右ひじの使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフスイングにおいて、右ひじの使い方は重要になってきます。
右ひじを伸ばし過ぎてしまうと、スイング軌道がアウトサイドインになりやすくなります。

バックスイングでクラブをアウトサイドに上げ過ぎてしまうと、
最後は、クラブを肩の上に担ぐようになってしまいます。

その状態からダウンスイングをしてしまうと、インパクトが緩んでしまいます。
このことは、アプローチでも同様のことが言えます。

右ひじが突っ張ることによって、バックスイングで、フェイス面が下を向いてしまいます。
バックスイングの途中から、クラブを上げるために、フェイス面をオープンにしてしまいます。

そうすると、ダウンスイングではコックを使うことができずに、
ダウンブローでボールを打つことができなくなってしまいます。
ダウンブローで打てないと、スピンがかからず、止まりにくいボールになってしまいます。

アプローチで右ひじを緩めることによって、フェイス面の開きが自然体になってきます。
スイング軌道がアップライトになります。コックが入りやすくなり、
ダウンスイングでは、スイング軌道がダウンブローになります。

ダウンブローで打てれば、スピンが効きやすくなり、止まるボールを打つことができます。

オンプレーンを意識しないスイング

今回は、オンプレーンを意識しないスイングについて、紹介したいと思います。

ゴルフにおいて、オンプレーンを意識する考え方は、以前からあります。
デジカメやスマホの発達によって、オンプレーンかどうかを簡単に測定することができるようになりました。

しかしオンプレーンを意識してしまうと、思わぬ弊害も出てきます。
実際にオンプレーン通りに振るためには、肩、手首、股関節のあらゆる部分の可動域が必要になってくることが分かります。

またオンプレーンを意識すると、身体中のあらゆる場所をチェックする必要が出てきて、
身体が動かなくなってしまいます。

オンプレーンを意識しないで、正しいスイング軌道に乗せるためには、
バックスイングで右ひじの動きを意識すると良いです。

ヘッドや手首に比べて、右ひじは動かす範囲が狭いので、誤差が少なくなります。
ダウンスイングでは、右ひじを引きつけるイメージを持てば、クラブは正しい軌道を描くようになります。

バックスイングで頭の位置を意識することも大切です。頭が動いてしまうと、
結果的にオンプレーンが崩れてしまいます。
頭の位置を意識することによって、オンプレーンの状態に自然となってきます。

親指を意識する方法もあります。親指の爪を常に自分側に向けた状態にして下さい。