切り返しをマスターする方法

今回は、切り返しをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

多くのゴルファーの方々は、ボールに当てたい気持ちが

強すぎて、ただ当てるだけのスイングになっています。

 

上級者になると、ボールが当たる瞬間のインパクトは、

スイングの途中経過に過ぎません。

 

スイングのゴールは、フィニッシュの意識なので、

切れのあるスイングになっています。

 

最近のクラブは、重心の距離が長めに設定されているので、

切り返しで力んでしまうと、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道が乱れると、ミスショットが大きくなってしまいます。

切り返しから時計の9時くらいまでは、

クラブをすーっと下ろしてきます。

 

9時くらいから4時くらいまでを力を入れます。

そうすると、インパクトでどーんと言う感じになり、

ボールに力が伝わります。

 

9時から4時にかけては、どんなに力が入っても、

問題ありません。

 

スイング軌道を正確に描くためには、

ボールをセットした位置から、1メートルくらいのところに、

小目標をセットします。

 

小目標をセットしたら、小目標に向かって、

まっすぐクラブを降り出していきます。

この時に、両目を結んだラインが飛球線と平行になる

イメージを持ってみて下さい。

 

両目のラインがずれてしまうと、

プッシュアウトしてしまうので、注意して下さい。

理想的なトップの作り方

今回は、理想的なトップの作り方について、

紹介したいと思います。

 

トップの作り方一つで、ボールが飛びをすれば、

飛距離がガクンと落ちてしまうものです。

 

最初にひざの間に、ボールを挟んでみて下さい。

左ひざを少し内側に絞ってみて下さい。

 

その状態から、ボールを右サイドに

動かしてみて下さい。

 

上半身の背骨に対して、動きが垂直になるように、

腰の両肩を回転させていきます。

 

その状態に両腕をつけると、

きれいなトップの形になります。

 

ダウンスイングでは、今度は右ひざを

少し内側に絞り込んでいきます。

 

ボールを左サイドに動かしていきます。

上半身の背骨の角度を維持しながら、

垂直に腰と両肩を回転させていきます。

 

この時、注意する点があります。

左足を地面につけたままだと、

問題が出てきます。

 

多くの方々は、左足を地面につけたままだと、

捻転が大きくなって、下半身がどっしりと

してくると思っているようです。

 

両足による体重移動が止まってしまい、

手打ちのリスクが出てきてしまいます。

 

身体が柔らかい方なら、足をつけたままでも

構いませんが、身体が固い方にはおすすめできません。

 

バックスイングでは、左足のかかとを上げていく

必要があります。

かかとを上げるときは、若干内側に上げて下さい。

捻転が大きくなります。

ゴルフスイングベーシックバージョン

今回は、ゴルフスイングベーシックバージョンについて、紹介したいと思います。

多くの方々にとってのスイングの基本は、飛距離を伸ばして、
ストレートに、安定した方向性で、遠くへボールを飛ばすことです。

この基本をマスターするために、科学的に理にかなった合理的なスイングは、
身体の脊柱を中心にして、大筋群を活用して、手打ちをできるだけ省いた合理的なスイングが必要です。

海外では、合理的なベーシックゴルフスイングが、
レッスンプロが生徒さんに教える指導する一般的なゴルフスイングです。
日本では、ボディターンゴルフスイングが該当します。

以前の手首のターンを使うゴルフスイングと比較して、
ゴルフスイングの動きがとても単純で、飛距離を伸ばして安定してショットすることができます。
また、この基本のゴルフスイングは、クラブによって変化させることは必要ありません。

海外の多くの一流ゴルファーも、ゴルフスイングが同じになっています。

ゴルフスイングの基本的な動きは、5種類に分けることができます。
・グリップ
・セットアップ
・バックスイング
・ダウンスイング
・フォロースイング

このうち、グリップからダウンスイングまでをマスターすることができたら、
あとのゴルフスイングは比較的簡単にマスターすることができます。