軸回転させるための練習ドリル

今回は、軸回転させるための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

身体の軸を中心に回転できると、バランスの良いスイングができます。

イメージ的には、頭の上に糸をつけて、糸で上から引っ張られている感じです。
頭が糸で引っ張られていれば、前傾角度がずれることはありません。

糸が切れてしまえば、身体のバランスがくずれてしまいます。
上体が前に突っ込んでしまったりします。

上体が突っ込んでしまうと、クラブが遅れて入ったり、
アップライトに入りすぎてしまうので、軸を常に意識するようにして下さい。

身体の重心がどこにあるか、チェックしておくことが重要です。

多くの場合、身体の重心はへそのあたりにあるはずです。
前傾角度を維持しながら、身体の軸を中心に回すためには、
みぞおち、胸を意識しながら、そこを中心に身体を回転させていきます。

そうすると、前傾角度を維持しながら、
身体の背骨を中心に軸回転することができます。

アドレスでは、アゴを下げ過ぎないようにします。
アゴを下げてしまうと、身体の軸が前にいきすぎてしまうので、
注意して下さい。

身体の回転は、股関節から上を回転させていく感じです。
両足の内側の筋肉を緊張せて回転していくと良いです。

前傾角度をキープする方法

今回は、前傾角度をキープする方法について、紹介したいと思います。

ゴルフでナイスショットをするためのポイントは、前傾角度をキープすることです。
しかし多くの方々が、前傾角度をキープすることに苦慮しています。

原因として考えられるのが、ダウンスイングの時に腰が前に出てしまうことです。
お尻が前にでてしまうと、身体が起き上がってしまい、
前傾角度をキープすることができなくなります。

腰が前に出てしまうと、手首も上がってしまい、フェイス面がオープンになって、
クラブが遅れて下りてきてしまいます。
なかには、バックスイングで既に身体が起き上がってきてしまいます。

前傾角度は、自分ではできているつもりでもできていないことが多いところがやっかいだと言えます。
前傾角度をキープできると、さまざまな利点が出てきます。

前傾角度を最後までキープすることによって、ボールまでの距離が一定になって、
手首で微調整する必要がなりなります。

ボールへの入射角、フェイス面の向きが一定になってきます。
フェイス面が飛球線に対して直角に戻ってくるので、ストレートボールを打てるようになってきます。

ボールをしっかりととらえることができるので、ボールへエネルギーが伝わりやすく、飛距離が伸びてきます。

止まっているボールを正確にヒットする方法

今回は、止まっているボールを正確にヒットする方法について、紹介したいと思います。

止まっているボールを打つことは、案外難しいことです。
正確性を増すためには、バックスイングの始動をスムーズにすることが大切です。

最初に自分の重心がどこにあるかを確認して下さい。
重心位置を確認したら、重心に注意してアドレスして下さい。

飛距離を意識しすぎてしまうと、身体に力が入って、スイングアークが小さくなってしまいます。
身体の中で力が入りやすい部分は、肩です。

緊張感を感じたのであれば、左手の肘から先の部分に集中して下さい。
ボールを睨み付けてしまうのは、NGな動きです。

ボールを睨み付けてしまうと、肩が緊張してしまい、左肩が中に入ってしまいます。
そうすると、身体の捻転を使うことができずに、手で打ってしまうので、注意して下さい。

ターゲットを見るように、ボールをぼーっと見つめて下さい。
その場でジャンプするとと、身体の力みがとれやすくなります。

バックスイングする際は、一旦飛球線方向にクラブを動かして、
その反動でバックスイングを始めると、スムーズに動くことができます。

スイング前からリズムを取ることも良い方法です。
アドレスしたら、イチ、二とカウントしながら、ターゲットを見つけて下さい。

サン、シでボールを見つめます。ゴでバックスイングを開始します。
ロクでダウンスイングを開始します。