インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイング

今回は、インパクトでフェイス面をスクエアにするバックスイングについて、紹介したいと思います。

近年のドライバーは、ヘッドが大型化しています。
バックスイングは、手首を返さないようにして、
フェイス面をクローズドにしたまま上げることが
勧められています。

ですが、身体の回転速度が遅い多くのゴルファーの
方々は、手首が先行して上がってしまいます。

フェイス面をクローズドのままにして上げてしまうと、
インパクトで、ヘッドの根っこにフェイス面がオープンになって、
当たってしまいます。

バックスイングの始動は若干手首を使っていただいて構わないので、
フェイス面をオープンにして、ヘッドを上げていきます。

フェイス面をオープンにして上げていくと、
ダウンスイングで閉じて下りていきます。
インパクトで、結果的にスクエアになって当たります。

バックスイングでインサイドに引きすぎてしまうのはNGです。
インサイドに引きすぎてしまうと、
ダウンスイングがきつくなりすぎてしまい、
身体が伸びてしまいます。身体が伸びてしまうと、
ジャストミートはなかなかできません。

バックスイングは、飛球線の反対方向に上げていく感じが
ちょうど良いです。
手首や肘は真上に上げていく感じです。

ゴルフスイングベーシックバージョン

今回は、ゴルフスイングベーシックバージョンについて、紹介したいと思います。

多くの方々にとってのスイングの基本は、飛距離を伸ばして、
ストレートに、安定した方向性で、遠くへボールを飛ばすことです。

この基本をマスターするために、科学的に理にかなった合理的なスイングは、
身体の脊柱を中心にして、大筋群を活用して、手打ちをできるだけ省いた合理的なスイングが必要です。

海外では、合理的なベーシックゴルフスイングが、
レッスンプロが生徒さんに教える指導する一般的なゴルフスイングです。
日本では、ボディターンゴルフスイングが該当します。

以前の手首のターンを使うゴルフスイングと比較して、
ゴルフスイングの動きがとても単純で、飛距離を伸ばして安定してショットすることができます。
また、この基本のゴルフスイングは、クラブによって変化させることは必要ありません。

海外の多くの一流ゴルファーも、ゴルフスイングが同じになっています。

ゴルフスイングの基本的な動きは、5種類に分けることができます。
・グリップ
・セットアップ
・バックスイング
・ダウンスイング
・フォロースイング

このうち、グリップからダウンスイングまでをマスターすることができたら、
あとのゴルフスイングは比較的簡単にマスターすることができます。

体重移動のマスター方法

今回は、体重移動のマスター方法について、紹介したいと思います。

体重移動がうまくできなくて、悩んでいる方は、多いと思います。
体重移動がうまくできない原因として考えられるのが、
上半身を使いすぎている点が挙げられます。

ダウンスイングで、クラブが左サイドに移動していくのと連動して、
頭まで左サイドに移動してしまうケースです。

頭は、人間の身体を部位ごとに分けると、最も重い場所です。
最も重い頭が左サイドに動いてしまうと、体重が左サイドに
移動したものと勘違いしてしまうことが多いです。

しかし実際は、体重移動していなくて、上半身が回転しているだけです。
下半身の体重移動は、できていません。

そこでダウンスイングのスタートを下半身主導にしてあげます。
下半身主導にしてあげると、頭が左サイドに流れるのを防ぐことができます。

できるたけ地面に近い部分から、動かしていきます。
最初に始動するのは、左足のかかとです。次に移動するのは、
左ひざを動かします。蟹股の状態を作ってあげます。

体重移動は、あくまで自分の胴体の幅で行います。
その幅以上に身体が移動してしまうと、ミスショットの原因になってしまいます。

打ち急がないで、ゆっくりしたリズムでスイングして下さい。