右手の使い方

今回は、右手の使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフでは、誰もが飛距離にあこがれると思います。
飛距離を稼ぐためのポイントは、右手の使い方にあります。

右手のぎゅっと締め上げて、クラブを握ると、ボールに力が伝わります。
まずは、アドレスです。上半身は適度にリラックスします。

リラックスが大事ですが、グリップまでゆるゆるになってはいけません。
力を入れるべきところには、力を入れていきます。

親指と人差し指の付け根にテンションをかけて、
締めるように握ります。人差し指がグリップに触れるようにします。

親指と人差し指が緩んでしまうと、ヘッドの動きが不安定になってしまうので、
注意して下さい。

バックスイングでは、身体の捻転に伴って、クラブをインサイドに上げていきます。
クラブが腰の高さまで上がってきたら、右手を右肩の方向へ上げていきます。

そうすると、トップの状態になったときに、右手でお盆を持つような形になっているはずです。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右手でボールをたたいていきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、右手を伸ばしていきます。
この時に右手の親指を下方向に向けていくことで、スイング軌道を低く長く押し出していくことができます。

2段階バックスイング

今回は、2段階バックスイングについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、アドレスから一気にトップまでもっていこうとします。
バックスイングで上げるスピードを加速してしまうと、ダウンスイングで緩みが出てしまいがちです。

またトップを気にしすぎてしまうと、バックスイングのタイミングがつかめないことがあります。
これらの問題を防ぐために、2段階バックスイングがおススメです。

第一段階は、飛球線の反対方向に、まっすぐに引いていきます。
身体を回転させて、トップまでもっていくのが、第二段階です。

アドレスからまっすぐに50センチくらい引いていきます。
最低30センチから最大60センチまでの間にかけて、引いていきます。

ヘッドの動きは、できるだけ低く長く引いていきます。
右ひざが右に流れていかないように、下半身を踏ん張ってください。

トップでは、左肩があごの下に入るまで、十分に捻転させてください。
トップの段階では、左ひじが突っ張らないようにして下さい。

左ひじは、余裕をもって、リラックスして下さい。
左ひじに余裕を持たせることによって、ダウンスイングを加速させやすくなります。

2段階とはいえ、動きが止まってはいけません。
スイングは連続運動にして下さい。

正しいヒールアップの方法

今回は、正しいヒールアップの方法について、紹介したいと思います。

正しいヒールアップの方法をマスターすれば、確実にボールは飛ぶようになります。
しかし正しいヒールアップをしないと、ミスショットの原因になってしまいます。

上半身の回転につられて、左足のかかとが右上の方に上がっていく必要があります。
左足を右上に上げることによって、ダウンスイングで左足を地面に着いた時に、体重が完全に左足に乗るようになってきます。

体重が特に左足の内側にかかってくるので、いわゆる左サイドの壁ができます。
左才の壁によって、ボールが飛んでいきます。ヒールアップを上に上げてしまうと、当然かかとは、真上に上がっていきます。

そうすると、ダウンスイングで、つま先が外側に開いてきて、身体が開いてしまい、
スライスの原因になり、ボールをつかまえることができません。

ヒールアップは、上半身の回転につられて、右上に上げることが重要になります。
バックスイングの時は、身体の中心は、右サイドに移動していきます。
体重移動をスムーズにするために、手首は、飛球線とは反対方向に、遠くに上げていきます。

かかとをつける勢いを利用して、ダウンスイングを開始していき、
右足のかかとは、左上に移動していきます。