理想的なフィニッシュ

今回は、理想的なフィニッシュについて、

紹介したいと思います。

 

インパクト後のフィニッシュは、あまり重要ではない。

なんて考えてらっしゃる方はいませんか。

 

フィニッシュそのものは、いいボールを打つことに

あまり関係ありませんが、理想的なフィニッシュを

とれるスイングをすることが重要です。

 

スイング軌道の中心となる場所は、上半身の背骨です。

背骨が前後左右に動くことなく、ストレートラインを

形成していることが重要です。

 

背骨を中心に身体を回転させることができたら、

フィニッシュは、理想的な形になります。

 

背骨を中心に回転するためには、右肩の動きです。

きれいに回転していると、右肩から地面までの距離は一定であり、

右肩が大きく下がることはありません。

 

しかし身体の軸がずれてしまうと、

右肩が下がりやすくなってしまい、

フィニッシュがきれいにとれなくなってしまいます。

 

右肩が落ちてしまう原因の一つとして考えられるのが、

フェイス面をまっすぐに動かしてしまうことです。

 

ゴルフのスイング軌道でのフェイス面の動きは、

開いてスクエアになり、閉じていくようになっています。

 

縦振りというよりは、やや横振りをイメージしてみて下さい。

アドレスでは、両肩のラインが、地面と平行になるようにして下さい。

理想的なフィニッシュ

今回は、理想的なフィニッシュについて、

紹介したいと思います。

 

インパクト後のフィニッシュは、あまり重要ではない。

なんて考えてらっしゃる方はいませんか。

 

フィニッシュそのものは、いいボールを打つことに

あまり関係ありませんが、理想的なフィニッシュを

とれるスイングをすることが重要です。

 

スイング軌道の中心となる場所は、上半身の背骨です。

背骨が前後左右に動くことなく、ストレートラインを

形成していることが重要です。

 

背骨を中心に身体を回転させることができたら、

フィニッシュは、理想的な形になります。

 

背骨を中心に回転するためには、右肩の動きです。

きれいに回転していると、右肩から地面までの距離は一定であり、

右肩が大きく下がることはありません。

 

しかし身体の軸がずれてしまうと、

右肩が下がりやすくなってしまい、

フィニッシュがきれいにとれなくなってしまいます。

 

右肩が落ちてしまう原因の一つとして考えられるのが、

フェイス面をまっすぐに動かしてしまうことです。

 

ゴルフのスイング軌道でのフェイス面の動きは、

開いてスクエアになり、閉じていくようになっています。

 

縦振りというよりは、やや横振りをイメージしてみて下さい。

アドレスでは、両肩のラインが、地面と平行になるようにして下さい。

 

ゴルフスイングベーシックバージョン

今回は、ゴルフスイングベーシックバージョンについて、紹介したいと思います。

多くの方々にとってのスイングの基本は、飛距離を伸ばして、
ストレートに、安定した方向性で、遠くへボールを飛ばすことです。

この基本をマスターするために、科学的に理にかなった合理的なスイングは、
身体の脊柱を中心にして、大筋群を活用して、手打ちをできるだけ省いた合理的なスイングが必要です。

海外では、合理的なベーシックゴルフスイングが、
レッスンプロが生徒さんに教える指導する一般的なゴルフスイングです。
日本では、ボディターンゴルフスイングが該当します。

以前の手首のターンを使うゴルフスイングと比較して、
ゴルフスイングの動きがとても単純で、飛距離を伸ばして安定してショットすることができます。
また、この基本のゴルフスイングは、クラブによって変化させることは必要ありません。

海外の多くの一流ゴルファーも、ゴルフスイングが同じになっています。

ゴルフスイングの基本的な動きは、5種類に分けることができます。
・グリップ
・セットアップ
・バックスイング
・ダウンスイング
・フォロースイング

このうち、グリップからダウンスイングまでをマスターすることができたら、
あとのゴルフスイングは比較的簡単にマスターすることができます。