右手の使い方

今回は、右手の使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフでは、誰もが飛距離にあこがれると思います。
飛距離を稼ぐためのポイントは、右手の使い方にあります。

右手のぎゅっと締め上げて、クラブを握ると、ボールに力が伝わります。
まずは、アドレスです。上半身は適度にリラックスします。

リラックスが大事ですが、グリップまでゆるゆるになってはいけません。
力を入れるべきところには、力を入れていきます。

親指と人差し指の付け根にテンションをかけて、
締めるように握ります。人差し指がグリップに触れるようにします。

親指と人差し指が緩んでしまうと、ヘッドの動きが不安定になってしまうので、
注意して下さい。

バックスイングでは、身体の捻転に伴って、クラブをインサイドに上げていきます。
クラブが腰の高さまで上がってきたら、右手を右肩の方向へ上げていきます。

そうすると、トップの状態になったときに、右手でお盆を持つような形になっているはずです。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右手でボールをたたいていきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、右手を伸ばしていきます。
この時に右手の親指を下方向に向けていくことで、スイング軌道を低く長く押し出していくことができます。

左足1本フィニッシュ

今回は、左足1本フィニッシュについて、紹介したいと思います。

スイングのバランスが悪い時は、スイングにもリズムがありません。
バランスが悪いと、フィニッシュを決めることができません。

ドライバーショットは、特にバランスを崩しやすいクラブと言えます。
ドライバーショットでは、フィニッシュをきちんととれるかを確認する必要があります。

おススメなのは、左足1本3秒フィニッシュです。
フィニッシュの時に、左足1本で立っていられるくらいの状態をキープします。

3秒たったら、右足を1歩前に踏み出せるくらいがちょうど良いです。
3秒の間に身体が動いてしまってはいけません。

スイングしている間に、上体が突っ込んでしまったり、
体重が右サイドに残ってしまうと、バランスが崩れてしまい、
3秒キープすることができません。

ダウンスイングしている間に、左ひざの角度を維持したまま、
スイングすると、フィニッシュをキープすることができます。

さらにバランスよくスイングする方法としては、
傾斜があるライで、スイングすることです。

左足下がりでは、傾斜に沿って構えます。
身体の軸を中心に回転してスイングして下さい。

両手が曲がらないようにスイングしていただいて、
フォロースルーを大きくとって下さい。

止まっているボールを正確にヒットする方法

今回は、止まっているボールを正確にヒットする方法について、紹介したいと思います。

止まっているボールを打つことは、案外難しいことです。
正確性を増すためには、バックスイングの始動をスムーズにすることが大切です。

最初に自分の重心がどこにあるかを確認して下さい。
重心位置を確認したら、重心に注意してアドレスして下さい。

飛距離を意識しすぎてしまうと、身体に力が入って、スイングアークが小さくなってしまいます。
身体の中で力が入りやすい部分は、肩です。

緊張感を感じたのであれば、左手の肘から先の部分に集中して下さい。
ボールを睨み付けてしまうのは、NGな動きです。

ボールを睨み付けてしまうと、肩が緊張してしまい、左肩が中に入ってしまいます。
そうすると、身体の捻転を使うことができずに、手で打ってしまうので、注意して下さい。

ターゲットを見るように、ボールをぼーっと見つめて下さい。
その場でジャンプするとと、身体の力みがとれやすくなります。

バックスイングする際は、一旦飛球線方向にクラブを動かして、
その反動でバックスイングを始めると、スムーズに動くことができます。

スイング前からリズムを取ることも良い方法です。
アドレスしたら、イチ、二とカウントしながら、ターゲットを見つけて下さい。

サン、シでボールを見つめます。ゴでバックスイングを開始します。
ロクでダウンスイングを開始します。