左に振り抜くことのメリット

今回は、左に振り抜くことのメリットについて、紹介したいと思います。

ゴルファーの中には、飛距離が出なくて困っている方が多いと思います。
しかし以前と比べれば、クラブやボールが進化して、飛距離は出やすくなっています。

ここに落とし穴があります。飛距離が出るようになると、もっと飛ばしたいと思ってしまい、
スイングを崩してしまうことがあります。飛距離を出すためには、ヘッドスピードを上げたいと思ってしまい、
手首をこねてしまいます。

手首を使い始めてしまうと、手と身体の動きに一体感がなくなってしまい、かえって飛距離が落ちてしまいます。
手と身体を一体化させて打つには、胸をターゲット方向に向けていただき、身体を回転させることに注意していきます。

一体化させるためには、左わきを締めていただき、フォロースルーでは左側に引っ張っていくことです。
そうすると、ボールをしっかりと捉えることができます。ボールをしっかりと捉えるためには、
フェードボールを打つ時でも、フェイス面がオープンになってはいけません。

フェードボールを打つ場合、フェイス面がストレートになることはあっても、オープンにしてはいけません。
バックスイングでもフェイス面をオープンにしてはいけません。

左ひざとフォロースルー

今回は、左ひざとフォロースルーについて、紹介したいと思います。

身体が水平に動くことができたら、クラブヘッドも水平に動かすことができます。
スイング軌道を低く長く描くためには、左ひざの動きがポイントになってきます。

インパクトからフォロースルーに移っていく際に、左ひざが伸び上がってしまう動きは、
ダフリの原因になってしまいます。

左ひざを曲げてインパクトを迎えるスイングは、ダフリを防ぐことができます。
左ひざを曲げて打つと、水平にヘッドを移動させることができます。

ヘッドが水平に動くと、ソールが芝の上を滑ってくれて、
ヘッドスピードが上がってくれます。

ヘッドがフォロースルーで、腰の高さあたりまでくるまでは、
左ひざを伸ばさないようにします。スイング軌道が低く長くなってきます。

ここでゴルファーの方の中には、疑問を持たれる方がいるかもしれません。
インパクトで左ひざを伸ばすことによって、壁を作ることができるのでは?

このケースは、ティアップして打つドライバーであれは、有効な方法です。
ドライバーは飛距離が必要になってくるので、左ひざの伸ばしが必要になってきます。

しかしアイアンは飛距離よりも方向性が重要になってきます。
アイアンショットでは、左ひざの角度をキープすることによって、
方向性が安定してきます。

フィニッシュを高くする方法

今回は、フィニッシュを高くする方法について、紹介したいと思います。
ボールの方向性が安定しない方は、右ひじが緩んでしまい、
外に向いた状態でダウンスイングしている可能性があります。

このような症状を直すためには、フィニッシュポジションを変えることをオススメします。
ダウンスイングで右肩の位置が高いままスイングしてしまうと、
右ひじがアウトサイドに逃げてしまい、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。

そうなるとひっかけが出やすくなってしまいます。
右肩の正しい動き方としては、アゴの下を低く長く動かしていくことです。
この時に、左足が伸び上がってしまうと、右肩が落ちてしまい、
クラブが遅れて入ってきてしまい、スライスやダフリが出やすくなってしまいます。

右肩の軌道が低く長く動いていけば、自然とフォロースルーが大きくなってきて、
フィニッシュの手首の手首は、高い位置に入ってきます。

ダウンスイングでは、左ひざの角度を維持したままにしてください。
そうすれば、右肩の動きは地面と平行に動くようになってきて、フィニッシュが高くなります。

アドレスでは、右肩よりも左肩が高くなるようにしてください。
その位置関係をキープしたままスイングしてください。