フォロースルーでの左ひざの使い方

今回は、フォロースルーでの左ひざの使い方について、紹介したいと思います。

身体の回転をなめらかにするために必要となるポイントが、身体の伸び上がりを防ぐことです。
伸び上がりを防ぐためには、フォロースルーでの左ひざの動きが重要になってきます。

フォロースルーで左ひざを伸ばし切ってはいけません。むしろ地面にひざをつけていく感じで振っていくようにして下さい。
ひざの角度を維持しながら、スイングしていくと、腰や上体の伸び上がりを防いでくれます。

トップからフォロースルーにかけて、ひざが伸びてしまったり、身体が起き上がってしまうと、
身体を回転させるコマ運動ができなくなってしまいます。

このような伸び上がりの原因は、ボールを少しでも飛ばしたいという欲求から起きやすくなっていきます。
身体の伸び上がりを防止するためには、トップからフォロースルーにかけて、
体重を股関節の壁でブロックしていくことが大切です。

伸び上がらないためには、スタンスの幅も重要になってきます。
スタンスが広すぎると、上体が伸び上がりやすいので、スタンス幅を狭めにして下さい。

スタンス幅が狭いと、スイングで身体の回転を意識しやすくなり、股関節で壁を作ることができます。

スイングプレーンとフォロースルー

今回は、スイングプレーンとフォロースルーについて、紹介したいと思います。

ミスショットの原因にはいろいろありますが、ショットに大きく影響を与えるのは、頭の位置です。

頭が動いてしまうと、ダフリやトップの原因になってしまいます。
頭の位置は、動いているかどうか分かりにくく、また自然に動いてしまう部分なので、修正が厄介です。

頭を動かさないためには、背骨を中心にコマのように回転させて下さい。
頭を動かさないようにスイングしようとすると、身体に力が入ってしまい、スイングがぎこちなくなってしまうからです。

スイングがぎこちないのに、無理やり頭を動かさないようにしてしまうと、
インパクトからフォロースルーにかけて、右肩が落ちてしまい、クラブをすくい上げる形になってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

ドライバーであれば、天ぷらがでやすくなってしまいます。
アドレスしたら、注意する場所は、頭ではなく、背骨です。背骨を中心にして、
身体をコマのように回転するイメージを持つことによって、
両肩がスムーズに回転して、頭の位置をキープできます。

コマ回転をすることによって、手と身体が一体化して、スイング軌道が安定してきます。

フォロースルーでの左腕の伸ばし方

今回は、フォロースルーでの左腕の伸ばし方について、紹介したいと思います。

プロゴルファーのような左腕があ伸びたフォロースルーは、多くのゴルファーの憧れだと思います。
フォロースルーで左腕が伸びると、ボールを長い時間押し続けることができるので飛距離が伸びて、
インパクトゾーンがストレートになるので、方向性も安定してくるメリットがあります。

しかし無理やり腕を伸ばそうとするのは、NGです。腕を伸ばそうとすることで、
腕が硬くなってしまい、身体全体が硬くなってしまうからです。

身体全体が硬くなると、上半身が起き上がってしまい、腕の動きが悪くなってしまいます。
腕の動きが鈍くなることによって、フェイス面がローテーションせずに、
ボールを捉えることができなくなります。

腕を自然に伸ばしていくためには、左ひじがどこを向いているかをチェックして下さい。
フォロスルーで、左ひじの内側を自分の方に向けてみて下さい。

左ひじの内側を意識することによって、肘が曲がることもなくなりますし、
力が入ることもなくなります。

スイングの遠心力によって、肘が伸びていく理想的な形になります。
ダウンスイングからインパクトにかけて、腰が流れてしまうと、
腕を動かすスペースがなくなってしまい、左ひじが曲がってしまいます。

また腰がオープンになってしまうと、捻転を使えず、手打ちになってしまいます。

インパクトで、左股関節に右股関節をくっつけていくイメージを持って下さい。
そうすると、正確に腰を回転させることができます。