ゆったりスイングをマスターする方法

今回は、ゆったりスイングをマスターする方法

について、紹介したいと思います。

 

ゆったりスイングをマスターするためには、

クラブを飛球線方向に放り出す感覚で、

フォロースルーをとることが大切です。

 

両腕をまっすぐにして、フォロースルーを

とることが重要です。

 

大きなフォロースルーをとるためには、

連続して素振りをすることが重要です。

 

最初にスイングプレーンに沿って、

素振りをしていきます。

 

フィニッシュまでいったら、

スイングをトップまでスイングプレーンになぞって、

戻したら、再び素振りをします。

 

身体の回転スピードが同じでも、

両腕を伸ばすことによって、回転半径が

大きくなって、結果的にヘッドスピードが上がります。

 

フォロースルーで両腕を伸ばしていくためには、

強引なアッパースイングはNGです。

 

ボールを打つ際に、レベルターンで打っていくことが

重要です。

 

レベルターンでボールを打つための方法は、

実際のボールより30センチ手前に仮想のボールをセットします。

仮想のボールと実際のボールの両方を打つようにスイングします。

 

そうすると、ダウンブローの感覚でスイングすることになり、

結果的には、レベルターンでスイングすることができるようにします。

ゆったりしたスイングマスター方法

今回は、ゆったりしたスイングマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

ゆっくりしたスイングで特徴的なのは、

ダウンスイングで右ひざをうまく使うことです。

 

ひざをうまく使うことによって、ゆっくりしたスイングを

マスターすることができます。

 

ダウンスイングでは腰を回すというよりは、

腰を若干飛球線方向に移動させる感じです。

 

腰を若干移動させて体重を左足に乗せたら、

左足の中心で身体を回転させていきます。

 

腰を左サイドに動かすことによって、左足に

体重が乗るので、ボールにエネルギーが伝わり、

飛距離が出やすくなります。

 

クラブはダウンスイングの最初は振るというよりは、下に

下ろしてくる感じです。

 

クラブを下に下ろしてくるためには、

右足のかかとが浮かないようにすることが大切です。

 

早くかかとが上がってしまうと、腰が飛球線方向に

移動することなく、後ろに引けた感じになってしまうので、

注意して下さい。

 

インパクトでは身体が開いてしまってもかまいません。

ポイントは、手首が飛球線方向に出すぎなければ大丈夫です。

 

手首が飛球線方向に出すぎてしまうと、

インパクトでフェイス面が開いてしまい、

スライスボールになってしまいます。

 

身体が開いてもかまわないので、

手首が常に身体の正面にあるようにします。

 

良いスイングはいいリズムから

今回は、良いスイングはいいリズムからと言うテーマで、

紹介したいと思います。

 

良いリズムでスイングするためには、トップの状態から

下半身を使ってリードしていくことが重要です。

 

下半身をリードすることによって、上半身と下半身に

捻転の差が生まれて、いいリズムになって、

かつヘッドスピードが上がるのです。

 

最近のクラブは軽量化されているので、

ヘッドスピ―ドを上げるためには、クラブを

大きく振ってくる必要があります。

 

クラブを大きく振るためには、ダウンスイングと同時に

右ひざを飛球線方向に入れていき、

右サイドを沈み込ませるようにして、クラブを振り下ろしていくことが

重要です。

 

多くのゴルファーは、トップから一気にクラブを

振り下ろそうとします。このスイングだと、

腕の力に頼ってしまい、ヘッドスピードが上がらず、

スイング軌道も乱れてしまいます。

 

ポイントは、トップではクラブの動きを一瞬止めることです。

最初に下半身から始動していきます。

下半身の動きによって、クラブが引っ張られる感じです。

 

クラブの動きを一瞬止める前に、

十分に身体を捻転させることが重要です。

 

バックスイングは、手打ちにならないようにするために、

左肩をアゴの下に押し込んでいくようにします。

 

左肩を回すことによって、クラブは上がっていきます。