カットスイングを修正する練習ドリル

今回は、カットスイングを修正する練習ドリルについて、紹介したいと思います。

冬は、寒さが原因で筋肉が硬くなってしまい、身体が十分に回転できずに、
バックスイングが浅くなってしまい、カット軌道になりやすくなります。

カット軌道になると、スライスが出やすくなります。
左手1本でスイングする方法があります。

左手1本スイングすることによって、
身体がインパクトでオープンになってしまうのを防ぐことができます。

左手1本打ちによって、フォロースルーにかけて、
左手が伸びていくことをマスターすることができます。

グローブをしていない右手が寒くなってしまったら、
右手をポケットに入れて、左手1本打ちを試してください。

クラブ2本素振りもあります。片手で1本づつクラブを握ります。
合計2本のクラブで素振りをしていきます。

両手で2本まとめて持っていただいても良いですが、
片手で1本づつ持った方がより効果があります。

2本のクラブを振るためには、身体の回転が重要になってきます。
連続して素振りをすれば、身体から余計な力みが抜けてきます。

アプローチの練習では、グリップエンドのジャンパーの袖に
入れてしまう方法もあります。

手首が固定されて、手打ちを防いてくれます。

カット軌道を修正する方法

今回は、カット軌道を修正する方法について、紹介したいと思います。

練習場での練習風景を拝見していると、多くの肩がスライスに悩んでいるようです。
スライスの原因は、カット軌道にあります。

カット軌道であることに気づかずに、一生懸命に練習している方もいます。
カット軌道を直すための練習方法として、ヘッドカバー打ちをおススメします。

ヘッドカバーを使って、練習してみると、自分のスイング軌道を正確に把握することができます。

カット軌道になってしまう原因は、飛ばしたいと言う願望です。願望が強すぎると、
バックスイングの時に、右手を高く上げすぎてしまい、ダウンスイングで上からボールを叩きつけるようになってしまいます。

そうすると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、スライスになってしまいます。
アウトサイドインの軌道をチェックするためには、ヘッドカバーを膝の高さに垂らしてもらいます。

そのヘッドカバーを打ってみて下さい。カット軌道の方は、なかなかうまく打つことができません。
強く打とうとしないで、ヘッドカバーの先に当てることだけに集中してみて下さい。
そうすると、自然にスイング軌道が修正されてきます。

アドレスでは、両肘の高さを揃えておくと、カバーに当たりやすくなります。
慣れてきたら、インパクトでヘッドが膝の高さに来るように、スイングしてみて下さい。

左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法

今回は、左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法について、紹介したいと思います。

スライスで悩んでいるゴルファーの方々は多いと思います。
スライスを直すためには、左右対称が大切です。
左右対称にするためのポイントは、スイングを横ぶりにすることです。

ひざの高さにボールがあるとイメージしていただき、
ひざにあるボールを打つ感じでスイングすると、スライスが直ってきます。

横ぶりができてくると、スイングプレーンが安定してきて、クラブに遠心力が生まれます。
逆にトップで手首の位置を高くしてしまうと、スイング軌道がアップライトになってしまい、
アウトサイドからクラブが入ってしまい、スライスの原因になってしまいます。

横ぶりでの注意点は、バックスイングでの手首は、身体の近くに小さく上げてくることです。
腕が力んでしまう時は、練習器具として販売されているゴムシャフトを使って素振りをしてみてください。

シャフトが身体に巻きつく感じが出てくれば大丈夫です。
ダウンスイングで、ヘッドを長く芝に接触させる練習方法もオススメです。

縦ぶりではなく、横ぶりでスイングしていただき、インサイドアウトの軌道を意識して、
低く長いインパクトを作ってみて下さい。この練習によって、
インパクトで長くボールを捉えることができて、スライスが減ってきます。