スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、斜めにボールをセットしていきます。
一番左サイドのボールが遠くなり、右サイドのボールが自分に近くなるように
セットしてみて下さい。

ななめに

斜めにセットしたボールの真ん中を打っていきます。
アウトサイドインに振ってしまうと、両サイドのボールが気になってしまいます。

ななめにセットしたボールの真ん中を

両サイドのボールに当たらないようなインサイドから下してきて、
アウトサイドに振り抜いていきイメージでスイングしてみて下さい。

では真ん中のボールを実際に打っていきたいと思います。
通常通りにアドレスをとって下さい。

真ん中のボールが身体のセンターにくるように、3個のボールをセットして下さい。
手首はハンドファーストに構えて下さい。

上体の捻転を十分に使って、バックスイングをしていただき、
体重移動を使って、ダウンスイングして下さい。

そうすると、クラブはインサイドに降りてきて、
若干アウトサイド気味にフォロースルーしていきます。
両サイドのボールに当たることなく振り抜くことができれば、
若干ドローボールになっていきます。

▼動画レッスンはこちら▼

クロスハンドスイングによるスライス矯正法

今回は、クロスハンドスイングによるスライス矯正法について、紹介したいと思います。

クロスハンドスイングは、ダウンスイングで右肩が前に出てしまったり、
バックスイング時の肩の回転が不十分であったり、トップポジションで、
右腕が空いてしまうといった身体の右側の問題点を解決するのに有効な方法です。

クロスハンドスイングをしてみるとお分かりかと思いますが、
右肩の突っ込みを防止することができますし、捻転が十分にできるようになってきます。

クロスハンドスイングによって、身体の捻転を使ったスイングを体感することができます。

ラスト3ホールくらいから起こりがちな不十分な捻転によって
起こる手打ちが原因のスライスを防止することができます。

クロスハンドスイングによって、肩の向きがストレートになりやすくなります。
クロスハンドで手打ちをしようとしても、スイングすることができないからです。

クロスハンドスイングの練習方法としては、腰までの高さの振り幅で、素振りをしてみてください。
身体の捻転とスイング軌道が一致してくれば、フェイス面の向きを体感しやすくなります。

腰までの高さの素振りに慣れてきたら、クロスハンドでバックスイングしていただいたら、
ダウンスイングの途中で、通常のグリップに握り直して下さい。インパクトからフォロースルーにかけては、
クロスハンドグリップの時と同じスイング軌道で、振り切ってみてください。

ボールを打てれば最高ですが、ボールを打つことができなくても、
ティにかするように素振りをするだけでも効果的です。

ゴルフスイングのダウンスイングで上体が突っ込むクセの修正ドリル

今回は、 ゴルフスイングのダウンスイングで上体が突っ込むクセの修正ドリル
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、ダウンスイングでボールに向かってしまい、
上体が全体的に左に突っ込んでしまう方々のための解決ドリルです。

上体が突っ込んでしまう1

ボールと打ちたい意識が強すぎると、上体がボールに対して、
突っ込みやすくなってしまいます。

上体が突っ込んでしまうと、スイング軌道はアウトサイドインになり、
フェイス面が開き、スライスが出やすくなってしまいます。

またダフリも出やすくなり、練習場ではマットの影響でボールは飛んでも、
芝の上では、飛距離が落ちてしまうことがあります。

ドライバーでは、スライスやテンプラの原因になります。

通常通りにアドレスを構えていただきます。
ここから左足を一歩引いていただいて、つま先で立ちます。

つま先で立つ

つま先に体重をぐっと乗せないように注意して下さい。
ほとんど右足一本で立っているような感覚でアドレスして下さい。

ここからスイングをしていきます。
手首は若干ハンドファーストです。

ボールは、やや右足側にセットして下さい。
バックスイングからダウンスイングにかけては体重を左足に乗せないように
注意して下さい。

スイング

▼動画レッスンはこちら▼