ショートアイアンダフリ防止ドリル

今回は、ショートアイアンダフリ防止ドリルについて、紹介したいと思います。

ダフリやすいクラブと言えば、ロングアイアンのイメージが強いですが、
実はショートアイアンの方がダフリやすいと言われています。

ティショットがナイスショットして、パーオンするには絶好の位置にある時に、
セカンドでのダフリや精神的も大きなダメージが残ってしまいます。

ダフリそうでだふらないロングアイアンは、身体の軸をキープしようとする気持ちが
働きます。またシャフトが長い分、スイング軌道が自然と横回転になってきて、
地面に入る角度がゆるやかなので、ダフリの影響が少なくなります。

しかしショートアイアンは、シャフトが短い分、簡単だと油断してしまい、
身体の軸をキープしようとする気持ちが弱くなってしまい、
クラブが入っていく角度が急になってしまいます。

そのせいで、ダフリの影響が大きく出てしまいます。
ショートアイアンでダフルと飛距離が普段の半分くらいまで落ちることがあります。

身体の軸を保つための方法ですが、頭の位置をキープしようとすると、
身体の軸が動きやすくなってしまいます。

頭を意識するよりは、目線をキープしたほうが、身体の軸が安定してきます。
アドレスしていただいたら、視界に見える景色の中にあるボールと景色の
位置関係がずれないように、バックスイング、トップ、ダウンスイングを維持して下さい。

アイアンのダフリ対策③

今回も、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

ラウンドしている時に、ダフリ始めた時の対処法についてです。
まずは素振りを何回かします。

その時に、クラブヘッドが地面に着き始めた場所をよく覚えておいてください。
その位置にボールをセットします。

クラブヘッドが地面に着き始めた位置より左側にボールを置いてしまうと、
ダフリの原因になります。

ボールを右側にセットすることによって、ボール、地面の順番に
ヘッドが当たることによて、ダフリを防ぎます。

右側にボールを置くと、シャンクが怖いという方がいますが、
原因は右側にボールを置くことでなく、ボールに身体が近づきすぎていることが
原因です。グリップエンドと身体の間隔が、手の平を広げたくらいを常に
保つようにして下さい。

それでもダフリが治らない場合は、クラブを2センチくらい短めに持ちます。
クラブは短めに持っても、身体の前傾角度やボールから身体までの間隔は同じにします。

ヘッドがボールに届くか心配になるかもしれませんが、最後の手段として
トップ気味にボールを捉えるようにするのです。

短く握っている分、ミート率が上がる上に、ダフリを防ぐので、
かえって飛距離が伸びることもあります。

アイアンのダフリ対策②

今回も、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

ほとんどの方は、ターゲットに対して右を向いてしまいます。
なぜなら、アドレスした位置からピンを見て、構えてしまうからです。

そのことに気づかないで、ボールが右にいってしまうと、
右に活かせなくないために、クラブを左に回しこんだり、
右肩が突っ込んだり、アウトサイドインのスイングになってしまったりします。

ピンを確認するのは、必ずボールの後方からです。
後方から、ボールの20センチ先にスパットを見つけます。
20センチ以上先にスパットを設定すると、ずれが大きくなるので、
スパットは、ボールから20センチ以内がおススメです。

ボール、スパット、ピンが1直線になっているかを確認します。
そのラインに平行になるようにアドレスしたら、ボールを打った後、
スパットを通過させる意識で、スイングすると、スイング軌道が安定してきます。

ボールは、身体の真ん中に置くことをおススメします。
最初に両足を閉じて、真ん中にボールを置きます。

次に左足を左肩の真下にセットして、若干つま先を開きます。
右足を右肩の真下にセットして、若干つま先を開きます。

そうすれば、毎回身体の真ん中に正確にボールをセットすることができます。
最初は違和感を覚えるかもしれませんが、何回も練習して下さい。