アイアンのダフリ対策①

今回は、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

最初に、アイアンのダフリ度を確認したいと思います。
ダフリが出やすい方には、ある特徴があります。

ダフリ度が高い方の特徴は、アドレスに難点があります。
右肩が下がっている傾向があります。右肩が下がると、
右足に重心がかかり、ダフリ度が上がってしまいます。

よく右肘を伸ばしすぎないで、緩めましょうというアドバイスを
耳にしますが、誤解してしまうとダフリ度が上がってしまいます。

右肘を緩めすぎると、肘が身体にくっついてしまいます。
すると、グリップエンドも身体に近づいてしまうため、
腕の動きが窮屈になり、スイングが小さくなるうえに、
重心が右に残ったままになってしまうのです。

このような現象は、ボールを上げなければいけない
砲台グリーンや打ち上げのホールで起きやすくなります。

対処法は、両肩の高さを地面と平行に構えることです。
実際には、若干右肩が下がりますが、平行にする意識で大丈夫です。です。
すると、体重が右にかかりすぎず、ダフリにくいアドレスになってきます。

次にグリップです。ダフリ度が高いグリップは、
右手をかぶせすぎたグリップです。

グリップは、左手をセットしてから、上からかぶせるのではなく、
横から添える感じです。

すると手首と身体の間には、手を開いたくらいの間隔ができます。
このくらいの間隔があれば、腕はスムーズに動きます。

ミスに応じたラウンド直前練習法②

今回も、ミスに応じたラウンド直前練習法について、紹介したいと思います。

2.プッシュスライスが出やすい
打ち出しからボールが右に出てしまい、
そこから大きくスライスするプッシュスライスに悩んでいる方に
おススメの練習法は、クラブを肩にしょっていただいて、両肩を回す素振りです。

プッシュススライスの原因は、フォロースルーで身体が左に流れてしまい、
ヘッドが返ってこないで、押し出してしまうことが原因です。

身体の中心軸を意識して、その場で回転することが重要です。
トップポジションで回してきた左肩の位置に、
インパクトで右肩に入れ替わる感覚を持って下さい。

上半身が回転せずに、左肩が流れてしまうと、
プッシュスライスになってしまいます。
身体の軸を意識して、両肩を回転させるイメージを持って下さい。

また肩の回転せずに、手首が先に来てしまうと、
フェイス面がオープンになってしまい、スライスの原因になってしまいます。
常に身体の軸を意識してみて下さい。

3.ダフリが出やすい
ダフリになりやすい方は、身体を沈みこませてしまい、
打ってしまうことが多いようです。

最初にバックスイングで身体が起き上がってしまい、
ダウンスイングで沈んでしまい、ダフリになってしまいます。

ダフリを修正するための直前ドリルは、壁にお尻をくっつけた素振りです。
壁にお尻をくっつけてアドレスします。

バックスイングで、左手で右側の壁をさわります。
わる壁の高さは、腰の高さを目安にして下さい。

フォロースルーでは、左手で左側の壁をさわります。
さわる壁の高さは、頭の上が目安です。

ドライバーのダフリ対処法

今回は、ドライバーのダフリ対処法について、
紹介したいと思います。

ダフリの原因は、大きく2つに分けることができます。
1つめは、すくい上げタイプです。

ダウンスイングの際に、体重が右足にかかりすぎてしまい、
右肩が下がります。右肩が早くほどけると、コックもはやく
ほどけやすくなってしまい、ダフってしまうパターンです。

ティショットが打ち上げだったり、フェアウェイが狭いような
場合になりやすいパターンです。

2つ目は、突っ込みタイプです。
ダウンスイングの際に、上半身が前方に突っ込んでしまい、
頭が下がってしまうパターンです。

クラブヘッドを上から地面に向かって、たたきつけるような感じに
なってしまい、ダフってしまいます。

ボールを飛ばしたいときとか、向かい風が強い日などに
なりやすいパターンです。

これらのダフリを修正するには、まずはアドレスです。
ドライバーは、ボールをティアップして打つので、アッパーブローのイメージがありますが、
スイングのイメージは、アイアンと同じです。

ダウンブローでインパクトを迎える感覚が大切です。
体重はやや左足に構えて、両肩は地面と平行にします。

ティアップの高さですが、高すぎは禁物です。
右肩が下がって、ダフリの原因になります。

ヘッドの一番上から、ボール半分出るくらいを上限にしてください。
これより低い場合は、大丈夫です。

ダフリを防ぐためには、どっしりとした下半身が大切です。
上半身を少し前に倒して、お尻を上から吊られているように
上げます。

両腕はリラックスして、グリップエンドはベルトを指すようにします。
グリップエンドと胴体の間隔は、こぶし1個分くらいです。

ボールの位置関係もダフリと大いに関係してきます。
ボールが右に寄りすぎていると、上からの打ち込み角が急になってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

またボールが身体に近すぎると、インパクト時に振りにくくなってしまいます。
振りにくさを解消するために、上半身が伸びあがってしまい、コックをほどくタイミングが
早くなり、ダフリの原因になってしまいます。

バックスイングでは、必要以上に体重移動しないことが重要です。
体重移動が大きすぎると、インパクトで左足体重になりにくくなり、
ダフリの原因になります。

バックスイングでは、左足のかかとを地面につけたまま捻転していきます。
トップの時には、右足と左足の体重配分が6:4の割合になり、
インパクト時には、右足と左足の体重配分が4:6の割合になると良いでしょう。

ダウンスイングでは、右肩が下がらないことが重要です。
ダウンスイングでは、両肩が地面と平行になるようにスイングすることを心がけます。

フォロースルーでは、右肩がターゲット方向を向くまで、捻転させます。
しっかり左足で地面を踏みしめてください。