距離が短いパー3の攻め方

今回は、距離が短いパー3の攻め方について、
紹介したいと思います。

アマチュアゴルファーにとって、どのホールがパーやバーディーを
とりやすいかと言うと、距離が短いパー3です。

ティショットを短めのアイアンで打てる上に、2打目は
パターで打つことが多いからと言えます。

しかし狙いやすい分、ミスが出やすいとも言えます。
パー3のティショットで出やすいミスは、大きく3つです。

①ボールを上げようとして、右足に体重が残ったまま、スイングしてしまい、
ダフってしまうケースです。フェースが開くので、ボールが右側に行きやすくもなります。

②体に力が入ったり、ダウンブローを意識しすぎて、
身体が飛球線方向に流れてしまうケースです。

③パー3で距離が短いうえに、シャフトが短いアイアンで打つため、
手打ちでも何とかなりがちです。

そこで手打ちになり、手首をこねたりしてしまうために、
下半身の動きが止まってしまい、ひっかけやダフリになってしまうケースです。

パー3で、パーやバーディーの確率を上げるためには、
ワンオンすることが、大切です。

ワンオンさせるためには、ピンがどこに切ってあっても、
センターを狙うことです。

センターを狙えば、ボールがどちらかに逸れても、
グリーンのどこかしらに乗る可能性が出てきます。

ピンが右側に切ってある場合、右を狙ってしまうと、
ボールが右側に行った時、次の1打が難しくなります。

センター狙いを決めても、アドレスがずれてしまってはいけません。

ボールとセンターを結ぶライン上で、ボールから30センチ離れたところに
小目標を設定して、アドレス、膝、腰、肩のラインを合わせます。
多くのアマチュアゴルファーの方々は、ボールを上げたいために、
ティーを高めにセットします。

しかしティを高くすると、右足に体重が残りやすくなり、
アッパーブローで打ってしまいがちです。

またティが高すぎるため、ボールのかなり下にヘッドが入ってしまい、
ティを打ってしまって、力のないボールが高く上がってしまったりもします。

ボールを上げるのは、ティの高さではなく、クラブのロフトです。
ティは、先端が地面から出ている程度で十分です。
ボールは、両足の真ん中にセットしましょう。

クラブは、フルショットしなくても良いような1番手長めのクラブで、
コントロールショットがおススメです。

フルショットはミスの可能性が上がるからです。
長めのクラブで、グリップを短めに持って、身体の回転を意識して、スイングします。

アドレスでは、グリップエンドがへそを指しているように構えます。
バックスイング、ダウンスイングでも、常にグリップエンドがへそを
指していることを意識します。

フォロースルーでは、へそが空を向かないようにします。
ベルトのバックルを最後まで、地面と平行になるように回転してみて下さい。

アプローチのミスを即効で対処する方法

今回は、アプローチのミスを即効で対処する方法について、
紹介したいと思います。

①シャンクの即効対処法
シャンクの大きな原因は、ダウンスイングで、手首が身体から離れてしまうことです。
本来の軌道よりも外側をクラブが通ってしまい、ヘッドの根元でボールをヒットしてしまうのです。

シャンクの即効対処法は、右ひじを身体から離さないことです。
右ひじで右のわき腹を押し込むような形で、スイングします。

すると、ヘッドの軌道が身体から離れず、シャンクを防ぐことができます。

②ダフリの即効対処法
アプローチでのダフリは、ショックも人一倍です。
ダフリの主な原因は、手首をこねすぎることです。

手首の動きは必要最小限にして、ノーコックを心がけます。
身体の回転を使って、クラブを動かします。

グリップエンドは、常にへそを向いているようにします。
グリップエンドがへそを向いていれば、身体が正しく回転していると言えます。

アイアンのダフリの即効対処法

今回は、アイアンのダフリの即効対処法について、
紹介したいと思います。

ショートホールで、ティアップしたボールを打つのならともかく、
地面にあるボールをクリーンヒットすることは、至難の技です。

ちょっとしたスイングのミスで、ダフリやトップのミスが出てしまいます。
アイアンのダフリの大きな原因は、トップからダウンにかけて、右足のかかとが
浮いてしまうことにあります。

右足を蹴って、ダウンスイングが開始されたら、問題ありませんが、
ダウンスイングの開始と同時に、上体が突っ込み、右足が浮いてしまってはいけません。

アイアンのダフリの即効対処法は、
ダウンスイング開始の直前に、右足を蹴ることです。

右足を蹴る動作を入れることによって、上体が流れたり、突っ込んだりすることを防ぎます。

さらに上体が伸びないように、ダウンスイングでは、手首を低く保ち、
フォロースルーでも、手首を低い位置をキープしていきます。

この打ち方を心がけていれば、ディボット跡に止まったボールを
打つ際にも、応用することができます。