手打ちの直し方

今回は、手打ちの直し方について、

紹介したいと思います。

 

ミスショットには、いろいろな種類があります。

ダフリ、スライス、チーピン、トップなどです。

 

これらのミスの原因のほとんどは、

腕と身体が一体化せずに、腕だけで

打ちにいっていることがほとんどです。

 

手首が身体の正面から外れてしまい、

身体の回転が使えていないことが原因です。

 

腕だけでバックスイングしてしまうと、

クラブがスイングプレーンからずれてしまって、

スイング軌道が不安定になってしまいます。

 

腕とクラブを一体化させるには、グリップを

手で挟んでみて、スイングしてみて下さい。

 

クラブを握らないことによって、

腕の力を使うことができなくなってしまい、

身体の回転を使わないと、バックスイングできなくなってしまいます。

 

この練習によって、身体の捻転の感覚を

覚えることができます。

 

ボールを打つ時は、すべての指でグリップ

してしまうのは、NGです。

 

グリップする際は、右手の親指と人差し指は

グリップから離してみて下さい。

 

そうすると、腕に余計な力が入らずに、

腕の力を使うことができなくなります。

 

結果的に、身体の捻転を使うことができるようになります。

手打ちが出やすい方は、試してみて下さい。

理想的なコックの作り方

今回は、理想的なコックの作り方について、

紹介したいと思います。

 

コックの角度が90度になると、

スイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

コックの角度を維持できていれば、

ボールを正確にヒットすることができるようになります。

 

ダフってもいいので、トップの位置から

身体を沈み込ませてみて下さい。

 

身体を沈み込ませると、ボールと身体の空間が

小さくなってきて、コックの解放が早すぎると、

ダフってしまいます。

 

誰でもダフるのは嫌だと思いますので、

ぎりぎりまでコックの角度を維持しようとします。

 

ぎりぎりまでコックの角度を維持していると、

両肩の開きを抑えることができます。

 

そうするとスイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

タイガーウッズ選手は、ぎりぎりまでコックを維持できる

名手と言えます。

トップからインパクトにかけては、

かなり頭の位置が下がってきています。

 

しかし前傾角度は維持されつつも、

背中を少し丸めることによって、

ボールと身体の間に空間を作り出しています。

 

その状態から、ぎりぎりまで維持されたコックを

一気に解放することによって、強力なインパクトを作り出しています。

インパクトの形

今回は、インパクトの形について、

紹介したいと思います。

 

曲げないボールを打つためには、インパクトの形が

重要になってきます。

 

曲げないボールを打つための、理想的な

インパクトの形は、飛球線と反対方向から見て

上半身に対するシャフトの角度が

90度になっていることです。

 

90度になっているということは、

上半身の背骨を中心に身体が回転していることになります。

 

多くのゴルファーの方々は、インパクトで

お尻がボール方向に出てしまい、身体が伸び上がってしまう

傾向があります。

 

インパクトで身体の前傾角度を維持するためのポイントは、

インパクトで、左足のかかとに体重を乗せることにあります。

 

アドレスでは、体重をどこにかけるかというと、

両足の親指の付け根に体重を乗せて下さい。

 

バックスイングからトップにかけては、

右足のかかとと左足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

インパクトでは、左足のかかとに体重のほとんどがかかり、

若干右足の親指の付け根に体重がかかってきます。

 

練習ドリルとして、おススメなのが、

左足上がり素振りです。

 

左足上がりの状況で素振りをすると、

右足が地面についたままになりやすく、

右ひざが前に出るのを防いでくれます。

 

ぜひ試してみて下さい。