ドライバーでしっかりボールを捉える方法

今回は、ドライバーでしっかりボールを捉える方法に

ついて、紹介したいと思います。

 

アイアンでは、良いボールが打てても、

ドライバーでボールがつかまらない原因として

考えられるのが、ドライバーのシャフトの長さが

考えられます。

 

シャフトが長くなるほど、前傾角度は浅くなります。

前傾角度が浅いにも関わらず、手首をアップライトに

上げてしまうと、アウトサイドインのスライス軌道になってしまいます。

 

ドライバーではたて振りではなく、よこ振りが重要です。

しかしよこ振りは意外と難しいものです。

 

よこ振りをマスターするために、ひざショットが効果的です。

よこ振りをしていくと、左ひじが自然にたたまれて、

フェイス面が返っていきます。

 

横に振って、フェイス面が開閉していくことによって、

よこ振りが出来てきます。

 

ひざショットだと、よこ振りで打たなければ、

ボールを打つことができません。

フェイス面の開閉がしやすくなるので、

ボールがつかまるようになって、若干左方向に飛ぶようになります。

 

他の練習方法としては、胸の高さに柔らかいものを垂らして、

スイングします。

 

スイングのトップでは、手首が頭の下にセットされるくらいで

ちょぅど良いです。

 

トップの位置を下げることによって、よこ振りができやすいです。

強い風に勝つボールの飛ばし方

今回は、強い風に勝つボールの飛ばし方について、

紹介したいと思います。

 

風に勝つボールを打つためには、ヘッドスピードを

上げる必要があります。

 

ヘッドスピードを上げるためには、身体の回転速度を

上げる必要があります。

 

身体の回転速度を上げるためには、アゴの下が窮屈に

ならないことが重要です。

 

アゴの下が窮屈になってしまう原因は、左肩が上がることが

原因です。左肩が上がったり下がったりして、不安定になってしまうと、

スイング軌道まで不安定になってしまいます。

 

左肩の位置をアドレス時と同じ高さをキープしてみて下さい。

アゴの下に余裕ができて、スイングがスムーズになってきます。

 

フォロースルーも楽に抜けるようになってきて、

ヘッドスピードが上がってきます。

 

ヘッドスピードが上がるためには、ヘッドを走らせる必要があります。

そのためには、できるだけコックの角度を維持して下さい。

 

ぎりぎりまでコックを維持してあげれば、

インパクトからフォロースルーにかけて、ヘッドが手首を追い抜く

感覚を体感することができます。

 

インパクトからフォロースルーにかけては、

ボールの右サイドを見るようにして下さい。

 

そうすると身体が飛球線方向に流れるのを防いてくれます。

強い風に負けないスイング

今回は、強い風に負けないスイングについて、

紹介したいと思います。

 

アッパーブローで打つ際の注意点は、

知らず知らずのうちに、ぎったんばっこんになっていることです。

 

アッパーブローは、手首で調整するのではなく、

正しい身体の使い方をしていれば、自然に

アッパーブローになっていきます。

 

自然なアッパーブローにするためには、

右足の前にボールがあるとイメージしてみて下さい。

 

ダウンスイングで、右足の前にあるボールを

打っていくイメージを持ってみて下さい。

 

右足の仮想ボールを打つためには、身体が飛球線方向に

突っ込まないように、踏ん張ることが重要です。

 

またコックをぎりぎりまで維持することも大切です。

そのためには、ダウンスイングで体重を左足に移動しないで、

右足に残したままにすることです。

 

右足に体重を乗せたまま、身体を回転していきます。

そうすると手首の軌道が低く保たれます。

 

右足の前の仮想ボールを打つイメージによって、

実際のボールを打つときは、若干アッパーブローになり、

スピン量を抑えた高いボールを打つことができるのです。

 

バックスイングでは、しっかり肩を回して下さい。

無理に体重移動をする必要はありません。

 

肩を回せば、自然と体重が移動していきます。

手首のコックはでききるだけ維持して下さい。