バンカーショット攻略のための目の使い方

今回は、バンカーショット攻略のための目の使い方について、
紹介したいと思います。

バンカーショットが苦手なゴルファーの方は多いと思います。
苦手の主な原因は、ヘッドを地面につけることができない点や
砂をとらないといけない点だと思います。

砂をとりたいために、ボールの後方にヘッドを入れようとするため、
上半身が突っ込みすぎたり、アッパーブローになってしまい、
ダフリやトップになってしまうのです。

砂をとって、砂ごとボールを運ぶショットのことをエクスプロージョンショットと
言いますが、通常のショットはボールをクリーンに打つため、
一般ゴルファーは、エクスプロージョンショットに慣れていません。

そのために、バンカーショットに対する不安から、ショットが乱れると考えられます。

そこでボールの見方を変えて、通常のショットを打つ感覚で、
エクスプロージョンショットを打つ方法を紹介します。

まずは、利き目が右のゴルファーの方は、
右目を閉じて、左目だけで打ちます。

右目を閉じると、ボールが3分の2個右側に移動したように見えます。
その状態からボールを打つと、クリーンヒットする感覚で、実際には
砂をとって打つことができます。

最初はミスショットがでますが、慣れてくるとクリーンヒットする感覚で、
エクスプロージョンショットが打てるようになります。

利き目が右目の方の打ち方ですが、
スタンスをとる時は、両目でセットします。
両足の向きは、オープンに構えます。

ボールの位置は、左足かかとの延長線上にセットします。
あとは、右目を閉じて打つだけです。

注意する点としては、右目を閉じたら、できるだけ早くスイングを開始することです。
右目を閉じた状態が長く続くほど、違和感が出てきて、ミスショットの可能性が高くなります。

次に左目が利き目のゴルファーのバンカーショットです。
右目が利き目のゴルファーは、両目でアドレスしますが、
左目が利き目の場合は、左目を閉じてアドレスします。

左目を閉じた状態で、ボールを左足のかかとの延長線上にセットします。
セットし終わったら、両目でスイングします。

この時に、体重が左足に乗っていることを確認してください。

片目を閉じた練習は、エクスプロージョンショットの習得以外にも
別の効果があります。

片目を閉じて練習することによって、当然視野が狭くなります。
視野が狭くなることによって、余計な身体の動きや体重移動が少なくなって、
ミスショットを減らす効果があります。ぜひ試してみて下さい。

クラブを変えてバンカーショットを攻略する方法

今回は、クラブを変えてバンカーショットを攻略する方法を
紹介したいと思います。

バンカーショット=サンドウェッジと決めつけていませんか。
そんなことはありません。

常にバンカーショットをサンドウェッジで対処しようとすると、
フルショット、ハーフショットというふうにスイングを変えたり、
インパクトの力加減を変えたりと、複雑な調整が必要になってきます。

複雑な調整は、身体に力が入りやすくなり、トップやダフリの原因にもなります。

このような複雑な調整をせずとも、クラブを変えれば、
スイングの調整は必要最低限ですみます。

スイングを変えずとも、シャフトの長さとロフト角で、
かんたんに球筋を調整することができます。

どの距離でどのクラブを使うかですが、10ヤードならサンドウェッジが良いでしょう。
20ヤードならアプローチウェッジ、30ヤードならピッチングウェッジが良いでしょう。

バンカーショットで大切なのは、バンスを使うことですが、バンスはサンドウェッジの
専売特許ではありません。ほかのクラブでも、フェースをオープンにすることによって、
バンスを使うことができます。

バンスを使いこなすことができれば、エクスプロージョンショットが簡単
打てるようになります。

クラブを変えて距離感を出すには、スイングに一定性が必要になってきます。
まずはアドレスです。

少しオープンスタンスでアドレスします。ボールの位置ですが、
私は、心臓の前にセットすることをおススメします。

一般的にはかかとの前にセットしますが、スタンスの角度によって
微妙に狂いが出てしまいます。
その点、胴体の心臓であれば、ずれることがありません。

グリップは長めに持ちます。短めに持つ場合もありますが、
短めに持つと、砂ごと打ち込んでいくバンカーショットでは、
上体が前のめりになってしまうことがあるので、長めに持つことをおススメします。

スタンスの向きは、10ヤード以上であれば、全て同じです。
フェースの角度も、10ヤード以上であれば、全て同じです。

しかし10ヤード未満の場合は、距離を落としたいので、
スタンスとフェースの角度は、大きくして調整します。

スイングは、スリークォーターショットが良いでしょう。
トップとフォローの高さが同じくらいになるようにして、
フォローでは、シャフトを空に向けるようにして下さい。

手先を使わず、身体の回転で打っていきます。
ヘッドはボールから2センチくらい離して、
ヘッドを砂に入れる位置を見ます。

ボールを見てしまうと、クリーンに当たるかトップしやすいので、注意して下さい。

クロスバンカー練習ドリル

今回は、ゴルフ クロスバンカー練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

クロスバンカーが苦手で、ボールをクリーンに

捉えることができません。

良い練習方法があったら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

クロスバンカーとは、フェアウェイを遮って、
横断しているバンカーのことを言います。

単にフェアウェイの第2打地点などに配置されたバンカーを
呼んでいるケースがありますが、その使い方は間違っています。

クロスバンカーでは、ある程度ボールを飛ばしたいので、
ダフりはNGです。ボールを正確にヒットしたいですが、
トップ気味に当たってもOKとします。

クロスバンカーで大事なのは、砂を取らないことです。
手前の砂をダフらないことが大切です。

今回の練習ドリルは、ヘッドカバーを使用していきます。
通常のアドレスで構えていただき、クラブの内側に
ヘッドカバーをセットして下さい。

ヘッドカバー

そこから半歩飛球線方向に前に出て下さい。

半歩

実際にボールをセットして、ヘッドカバーに当たらないように
スイングしてみて下さい。

このようにすることで、ボールをクリーンに
捉えることができます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。