バンカーショットの基本

今回は、バンカーショットの基本について、

紹介したいと思います。

 

最初にバンカーショットのベーシックスイングです。

身体の正面に手首とクラブがあるようにスイングすると、

毎回安定したスイングを再現することができます。

 

フェイス面をフォロースルーで返さずにスイングすると、

高いボールを打つことができます。

砂をはぎ取るよりも簡単にボールを止めることができます。

 

グリップは、短めに握るのがバンカーショットでは、

大前提です。

グリップを短く握る理由は、砂に負けないように、

振り抜くためです。

 

想像よりも砂を取りすぎても、短か握っていれば、

なんとか振り抜くことができます。

 

バンカーショットは砂を取らなきゃいけないと

思っていませんか。

バンカーショットと言えども、実際のショットと

あまり大差ありません。

 

砂ごと取らなければいけないので、その分

スイングの幅を大きくします。

 

ヘッドが砂に入りすぎないように、

フェイス面をオープンにしたり、

オープンスタンスにしたりしますが、

強く砂に打ち込む必要はありません。

 

右の手の平をフェイス面に見立てて下さい。

右手の平を空に向けるように振り抜くと、

ボールが上がります。

 

右手の平を下に向けるように打つと、

ボールが転がります。

 

サンドウェッジで距離を打ち分ける方法

今回は、サンドウェッジで距離を打ち分ける方法について、紹介したいと思います。

一般的なサンドウェッジのフルショットの距離は、
90ヤードくらいだと思います。

ピンまでの距離が、80ヤードくらいの
微妙な距離の場合は、フルショットしてしまうと、
オーバーしてしまいます。

80ヤードをアプローチウェッジや
ピッチングウェッジで打とうとすると、
ロフト角がないために、低いボールになってしまい、
ピンでボールが止まりにくくなります。

そこでサンドウェッジを有効に使っていきます。
いつもより3センチ程度クラブを短めに握ります。

グリップを短く持っていただいたら、
あとはいつも通りにフルショットしてみて下さい。

スイング軌道の半径が小さくなって、
ヘッドスピードも当然落ちてきます。

そのぶん飛距離が若干落ちてきて、
80ヤードくらいの飛距離でピタリと止まるボールを打つことが
できます。

グリップを短く握っているので、
その分だけボールの近くに立つようにしてみて下さい。

さらに短い60ヤードを打ちたい場合は、
80ヤードと同じグリップで、
スイング幅をハーフスイングにしてみて下さい。

バックスイングとフォロースルーどちらも
肩幅から肩幅までのスイングにしてみて下さい。

バンカーショットのスタンス

今回は、バンカーショットのスタンスについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーにとって、バンカーショットは、 鬼門だと思います。バンカーショットが苦手な原因として 考えられるのが、きれいにダフれないことです。

ボールをクリーンに捉えて打ってしまい、バンカーの アゴに当たってしまうことが多いです。通常のアプローチ感覚で 重心が高い状態で打ってしまうことが原因です。

重心が高いアドレスは、通常のスイングをするための方法です。 重心が高いと、ヘッドが砂に入ってくれません。

ヘッドを砂に入れるためには、蟹股にしていただいて、 スタンスは、肩幅よりも広く構えて下さい。 そうすると、自然にての重心が位置と重心が下がってきます。

スイング軌道は、レベルスイングになってきて、 自然とダフるようになります。下半身を突っ張らないように して下さい。

ひざは適度に曲げていただいて、腰を低くして下さい。 スタンスを広げると、バランスを崩しにくいので、 ひざを曲げて下さい。

砂をエクスプロージョンさせるために、フェイス面を オープンにしていただいて、バンスを砂にぶつけて下さい。

スイングでは下半身を固定していただいて、 上半身だけでスイングして下さい。