パターで重要になってくる下半身の動き

今回は、パターで重要になってくる下半身の動きについて、

紹介したいと思います。

 

パターで、なかなかまっすぐに打ち出せない方には、

特徴があります。

 

パッティング中に、下半身が不安定になっている

可能性があります。

 

パターには、基本的に力はいりません。

力が要らない分、下半身を移動させることによる

体重移動が必要ないのです。

 

両肩の動きだけで、パターを動かす必要があります。

イメージ的には、振り子を思い出してください。

 

どんなにハンディが少ない方でも、他のショットの

混同してしまい、下半身を左右に動かしてしまうことがあります。

 

もしパターの方向性が微妙にずれている場合は、

足をしっかりと地面に押し付けて下さい。

 

磁石でくっついているイメージでも良いです。

このようなイメージを持つことによって、

特にロングパットが有効になってきます。

 

両足が少しでも動いてしまうと、フェイス面がインパクトで

ストレートに戻りにくくなり、ボールが左右にぶれるだけでなく、

距離感も狂ってしまいます。

 

下半身を安定させて、上半身だけで

ストロークしていきます。

 

下半身が動きにくい方は、

ひざを伸ばすと効果的です。

 

ひざを伸ばすことによって、ひざを使うことが

出来なくなるので、体重移動を防いでくれます。

 

ショートしないパターの打ち方

今回は、ショートしないパターの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

パターを入れてくる選手と特徴としては、

必ずカップをオーバーしてくることです。

 

ショートしているうちは、カップインすることはありません。

ショートしてしまう原因として多いのが、

インパクトで、グリップが緩んでしまうことです。

 

インパクトで緩んでしまうと、

ヘッドが遅れてきてしまって、

フェイス面がオープンになってしまったり、

引っかけの原因になってしまいます。

 

極端な言い方をすれば、

パンチショットに近いイメージで

インパクトを迎えます。

 

インパクトまでは、緩みに気をつけていきます。

インパクトでは、ボールを打ち抜いていくイメージです。

 

金槌で釘を打つ感じです。

バックスイングは大きめにとっていただいて、

フォロースルーを小さめにします。

 

インパクトに全神経を集中させることができるので、

ボールの転がりが良くなってきます。

グリップの力加減ですが、

同じくらいに握ってください。

 

ボールの両端にティを1本づつ挟んで下さい。

ボールをヒットした時に、フェイス面が2本のティに

同時に当たるようにして下さい。

 

そうすると、フェイス面がスクエアになっている

証拠になります。

 

パターでのラインの読み方

今回は、パターでのラインの読み方について、

紹介したいと思います。

 

入るか入らないかと微妙なパットを、

惜しくも外してしまい、ラインの読み間違いが

原因として、考えられます。

 

長くて複雑なラインを読むことが誰でも難しいものです。

そのような場合は、2メートルくらいのラインを読む

練習から始めたいと思います。

 

最初にカップを時計に見立てます。

若干のフックラインなら、時計の四時半くらいの

ポイントをボールの入り口と考えると、

どのくらいのラインが必要になってくるかが

分かります。

 

大きく曲がるフックラインであるならば、

時計の三時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

逆に大きく曲がるスライスランであるならば、

時計の九時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

カップの入り口が分かったら、

タッチの計算がしやすくなってきます。

 

次の曲がり幅の頂点を決めていきます。

カップの入り口から逆にラインを見ていって、

曲がり幅の頂点を見つけていきます。

 

ラインは一方向からではなく、

必ず全方向から見ます。

 

最低4方向からは、ラインを見て下さい。

ラインを正確に読んでも、正しくボールを

打ち出すことが出来なければ、意味がありません。

 

まっすぐ引いて、まっすぐ押し出す練習をして下さい。