カップインしやすいパッティング

今回は、カップインしやすいパッティングについて、
紹介したいと思います。

ラインをまたいで打つと、スイング軌道がまっすぐになりやすいのです。
なぜかというと、軌道が振り子運動になりやすいからです。

パターのライ角を90度にすると、
さらにパーフェクトな振り子の動きをするようになります。

残念なことに、ラインもまたぐことも
ライ角90度のパターを使うことも、ルールで禁止されています。

しかし通常のアドレスとパターで、
振り子運動を再現するヒントが隠されているはずです。

ラインに平行して立つ通常のアドレスだと、
ストレートラインをイメージしにくくなります。
一方、ラインをまたいで打つと、方向性や距離感を制御しやすくなります。

藤田寛之プロは、ルーティンの中に、
ラインをまたいで素振りをすることを取り入れて、
距離感や方向性をイメージしています。

では、通常のアドレスで同じような効果を出すためには、
どうすればいいかというと、支点を一定にすることです。

支点を一定にするためには、アドレスする前に、ソールを地面につけることです。
次に、ヘッド、シャフト、両肘までのラインを一直線にすることです。

これらの動きを取り入れることによって、支点が一定になり、
胸でストロークする意識ができて、
振り子運動でまっすぐなストロークで打つことができるようになります。

1ピンのパットを沈める

グリーンの乗って、バーディチャンス。また寄せきれず微妙な距離が残る。
そのような時、ありがちな距離が1ピン、2メートル前後のパットです。

今回は、1ピン位の距離のパットの攻略法について紹介したいと思います。

正確なラインの読み

1ピンを攻略するには、正確なストロークとライン読みが重要になってきます。

1メートル前後なら、ライン読みが多少甘くても、
ストレートラインで強めに打てば、何とかなるかもしれません。

しかし1ピンでは、そういうわけにはいかないのです。

まずは、ライン読みの方法を説明します。

アドレスする位置とカップを挟んだ正反対の方向の
両方からラインを確認し、どのくらい切れそうか確認します。

そこからグリーンの低い地点に移動し、切れ具合を確認します。
次にカップの周辺に移動して、ラインをチェックします。

ボールの後ろ側に移動して、ラインとどの方向にボールを打ち出すかを確認します。

カップの向こう側のチェックは、大変重要です。
なぜならカップの向こう側のラインは、錯覚を起こしやすいからです。

カップ周りは、ボールのスピードが急激に落ちて、
ラインの影響をうけやすい
ので、十分に確認します。

ラインの目印は、2か所設けます。
1か所目は、ボールからカップに向かって20センチの場所です。
2か所目は、傾斜の影響とボールの減速によって、曲がり始める点です。

そうすると、ラインを描きやすくなります。

赤道付近の芯を打つ

アドレスした時は、ボールの赤道付近は、
パターヘッドの上側に位置しています。

この状態で、ボールが当たったら、ヘッドの芯から
外れた状態で、ボールを打つことになります。

ボールの赤道付近をパターの芯でヒットするには、
多少アッパーブローで打つことが必要になります。

まずはグリップです。柔らかく包むように握ります。
スイングは、振り子をイメージして、一定のリズムで振ります。

手首の角度を一定にして、両肘と手首を結んだ三角形が一定になるようにします。

立ち幅は、肩幅ぐらいが良いです。
手首は、身体の中心にくるようにします。

インパクトからフォローにかけて、手首の角度が変わらないようにします。

アッパーカットで打ちやすいように、
ボールは左わきの下にセットします。

正しいストロークを体感するための練習法を紹介します。

腕を動かす意識を捨てて、腹筋でストロークしてみます。
腹筋は、かなりの力を入れてください。
手首を使わず、腕全体でボールを押し出す感覚が分かります。

次にボールの5センチ先に、コインを置いて、打ちます。
ダウンブローだと、ヘッドがコインに触ってしまいますが、
アッパーブローだと、ヘッドがコインに触れません。

アルバ掲載!宝塚ゴルフファクトリーのNEXUS(ネクサス)自立パター

本日発売のアルバ新年特大号に、
当店一押しの “自立パター”が特集されました。
アルバ,パター,NEXSU,NEXUSパター

この“自立パター”は当店では一番人気の商品です。

自立パターは、特に1~2mのショートパットが苦手な方に有効なパターです。
ショートパットで大切なのは、フェースの向きです。

このフェースの向きさえ、しっかりとターゲットにロックオンできれば、
多少、ストロークがぶれていようと、芯を外していようと、
ショートパットはカップに入ってくれます。

しかし、理屈では分かっても一番難しいのは、
このフェースの向きをカップにあわせることです。

しかし、自立パターは、パターが自分で立って倒れません。

なので、フェースを一度カップにあわせた状態で
グリップを離し、後方から

本当にフェースがカップに向いているかどうかを確認することができます。

後方から確認すれば、フェースがどこを向いているのか一目瞭然です。

自立パターの使い方は簡単です。

1カップに向かってアドレスをとります。

2グリップを離して後方からフェースがターゲットに向いているかチェックします。

3違う方を向いていたら直します。

4フェースの向きが変わらないようにグリップします。

5あとは、真っ直ぐストロークします。

以上、5つのステップでいくらショートパットが苦手なあなたでも
簡単にカップインをすることが可能になります。

動画もご覧ください。

アルバでも同様のレッスンが紹介されています。

jiritu3

このパターは大量生産できません。
なぜなら、クラブ工房で、一本一本手造りされています

通常であれば、お届けに1週間~10日かかります。

今回のアルバでの特集で今、クラブ工房は注文が殺到しています。

しかし、当店では、長年お付き合いがあり、
上記のPR動画なども撮影協力などもしている仲です。

今回、20本限定で優先的に

みうら倶楽部オンラインショップのお客様のパターを
つくっていただくことができました。

パターが苦手で、いつも3パットばかりしてしまう方、
このパターをマスターすれば、5打以上はスコアがよくなります。

ダウンロード (1)