距離感を合わせるパターのグリップ

今回は、距離感を合わせるパターのグリップについて、

紹介したいと思います。

 

近年のグリーンは、ボールが転がりやすい傾向にあります。

ボールが転がりやすくなれば、それだけ距離感を合わせにくくなります。

 

手首で力を調節する打ち方では

ショートしたりオーバーしたりしてしまいます。

 

距離感を合わせるためには、手首をいかに

使わないかがポイントになってきます。

 

両肩の動きによって、距離感を合わせていくのが

理想的です。

 

手首を固定しにくい方におすすめのグリップは、

逆オーバーラッピンググリップです。

 

逆オーバーラッピンググリップとは、

右手を左手の人差し指で包み込むグリップです。

 

ショットと同じグリップにしてしまうと、

バックスイングで右手を使ってしまったり、

フォロースルーで左手を使ってしまうリスクが生じてきます。

 

両手首を使わないためには、

逆オーバーラッピンググリップラッピングです。

 

両手が一体になって、動きやすくなり、

手首を使いにくくしてくれます。

 

ストロークは、手首の動きを抑えて、

両肩を回転させてストロークして下さい。

 

距離感を合わせやすくなります。

左手の人差し指は、伸ばして下さい。

伸ばした人差し指で、右手の中指と薬指を

包み込むように押えて下さい。

距離感が合うパッティング

今回は、距離感が合うパッティングについて、

紹介したいと思います。

 

距離感を合わせるには、ストロークの方向性が

重要になってきます。

 

ボールが転がっていく方向とヘッドが移動していく方向が一致すると、

ヘッドのエネルギーがボールに伝わりやすくなります。

 

インパクトからフォロースルーにかけて、

ヘッドを上に上げてしまうと、

ボールにエネルギーを伝えることができずに、

こすってしまうだけになってしまいます。

 

ヘッドをまっすぐに押し出す練習ドリルとしては、

練習グリーンにティを差し込んで下さい。

ティの上にクラブのグリップを置いて下さい。

 

グリップの下には、空間ができるはずです。

空間の幅は、ゴールを通すことができるくらいにして下さい。

 

空間より若干右側にボールを置いていただき、

インパクトでグリップの下の空間をボールが

通るようにストロークしてみて下さい。

 

このドリルを実践することによって、

ヘッドが低く長く移動するようになってきます。

 

ヘッドが低く長く移動することによって、

ボールを押し出す時間が長くなってきて、

自分が転がしたい距離感が伝わりやすくなります。

 

ストローク中は、ティに置いたグリップと頭の

位置関係が、常に一定になるようにして下さい。

 

単純思考でパットする方法

今回は、単純思考でパットする方法について、

紹介したいと思います。

 

単純思考でパットするためには、

どんなラインでもストレートラインに変換して

ストロークすることです。

 

どのくらい曲がるのかラインの深さを計算して、

ボールを打ち出していく方向を決定します。

 

曲がるラインの頂点を確認していきます。

弧の頂点にカップをイメージします。

 

ボールをまっすぐ転がしていくためには、

ヘッドスピードを速くしていくことが重要です。

 

ヘッドスピードを速くして、フェイス面の向きを確認します。

バックスイングのトップの位置を小さめにして、

フォロースルーを大きめに出していきます。

 

一般的には、バックスイングとフォロースルーを

同じにすることが多いと思います。

 

多くのごろファーの方々は、バックスイングを大きくしてしまい、

インパクトがパンチショット気味になってしまうことが多いです。

 

パンチショット気味になってしまうと、

フェイス面がぶれてしまいます。

 

バックスイングを小さめにすることによって、

インパクトからフォロースルーを大きくすることによって、

フェイス面の向きが安定して、まっすぐなストロークを

実現することができます。

 

まっすぐなストロークによって、ボールの転がりも良くなります。