パットでショートしない方法

今回は、パットでショートしない方法について、

紹介したいと思います。

 

入ってもおかしくない距離で、カップに微妙に

届かないことがあったり、スライスラインで、

カップ寸前でボールが切れたり、フックラインで

わずかにはずれたりしたことはありませんか。

 

これらのミスは、インパクトで微妙に緩むことが

原因です。

大事なパットで、どうしても緩んでしまう方は、

ボールをセットする位置に工夫を加えると良いです。

 

フェイス面の先の方にボールをセットしてみて下さい。

フェイス面の先でボールをヒットすると、

ヘッドスピードが上がりながら、ストロークできるので、

ゆるみを解消することができます。

 

ショートパットからロングパットまで、あらゆるパットで、

試すことができます。

 

フェイス面の先でインパクトしようとすると、

フェイス面がオープンになってしまう錯覚を起こします。

 

しかし安心して下さい。

開きそうな気がするからこそ、感覚的に

しっかりまっすぐストロークしようとするのです。

 

逆に根っこで打とうとすると、フェイス面が閉じそうに

なるので、かえって緩んでしまいます。

 

切れやすい微妙なラインでも効果的ですので、

ぜひ試してください。

 

パッティングを打ち切る方法

今回は、パッティングを打ち切る方法について、紹介したいと思います。

パッティングをしっかり打ちきるためには、
オーバーラッピンググリップがおススメです。

オーバーラッピンググリップのメリットは、
通常のショットと同じイメージで打てるところにあります。

オーバーラッピンググリップの握りは、
左手の人さし指に右手の小指を重ねて作ります。

オーバーラッピンググリップは、打った感じが良くて、
ボールを捕まえることができるようになってきます。

ただしショットのオーバーラッピンググリップとは、
若干にぎりが変わってきます。

ショットのグリップは、右手を上方からやや絞り込む感じですが、
パッティングで絞り込んでしまうと、
手首をこねくり回してしまう可能性があります。

そこでパターの場合は、グリップの下方から
握っていただいて、パターを肘から吊りあげる感じにします。

左右の腕に均等に吊り上げてみて下さい。
手はリラックスして握って下さい。

グリップしていく具体的な手順ですが、
ターゲットを確認しながら、
左右の腕を均等にして、身体のセンターで
グリップしていきます。

グリップしながら、フェイス面をターゲットに
合わしていきます。

左手の平をグリップの先に軽く押し当てます。
右手は指でグリップして下さい。

パットのグリップ

今回は、パットのグリップについて、紹介したいと思います。

通常のパットの際は、多くの方は、オーバーラッピンググリップかインターロッキンググリップだと思います。

しかしパットでは、グリップの形を変えた方が良いです。
右手小指の上に左手人差し指を重ねるリバースオーバーラッピンググリップがおすすめです。

このグリップが、一番一般的なはずです。
右手の平全体と指全体でグリップすることによって、
右手の感覚を活用することができます。

多くの方は、ボールの後ろからラインを読むと思います。
距離の感覚を大事にしたら、その感覚を右手に送ります。

その感覚を大切にして、ストロークします。頭であれこれ難しいことを考えずに、
感じた距離感を大切にして、ストロークしてみて下さい。

グリッププレッシャーは、ほどほどにしてください。
パターがすっぽ抜ける一歩手前くらいでグリップしてください。

プレパットルーティンですが、右手の親指、人差し指、中指の3本でパターをつまんで下さい。
顔の正面にシャフトをセットしていただき、ラインを感じて下さい。

ラインを感じたら、右手でクラブをグリップして下さい。
ボールの横まで移動してアドレスして下さい。

アドレスを合わせたら、左手を添えていただき、両手でグリップしますす。

グリップしたら、ボールの打ち出しラインを確認しながら、
数回素振りをしてみて下さい。両手でパターをグリップした状態で、ヘッドをールにセットします。

ラインをイメージしながら、ストロークを開始します。