まっすぐ飛ばすドライバー

今回は、まっすぐ飛ばすドライバーについて、

紹介したいと思います。

 

力一杯振ろうとすると、ボールが曲がってしまう原因は、

バックスイングが大きすぎることが考えられます。

 

バックスイングが大きくなりすぎないようにするためには、

トップでクラブヘッドが下を向かないように気をつけます。

 

ヘッドが下を向かないようにするためには、

左ひじを曲げないようにすることが大切です。

 

左ひじが曲がらなければ、肩を十分に回すことができて、

トップが適正な位置に収まります。

 

バックスイングは、早く振っても振りすぎない位置までしか

上げないようにします。

 

常に身体の正面にクラブがセットされるように

スイングしていきます。

 

アドレスの位置も注意する必要があります。

バックスイングからトップにかけて、

両ひざの感覚を一定に保つようにスイングします。

 

特に左ひざが左右に動かないようにします。

両ひざの感覚を一定に保つことによって、

上半身と下半身に捻転の差が生まれて、

トップの位置が適正になって、大きな運動エネルギーにつながります。

 

トップからダウンスイングにかけては、

両ひざを開くような感じにします。

 

かかとがあがらないようにして、べた足を意識してみて下さい。

 

 

飛んで曲がらないドライバー

今回は、飛んで曲がらないドライバーについて、

紹介したいと思います。

 

ボールを遠くに飛ばしたいと思うと、

力いっぱい振ると、自然と腕に力が入ってしまいます。

 

力を無理に抜こうとしてリラックスしても、

なかなか力は抜けるものではありません。

 

リラックスするよりも、力が入っても

大丈夫なようなスイングを追求しましょう。

 

身体の中で力が入りやすい場所は、腕だと思います。

クラブを握っているのは腕ですし、

腕を素早く振っていきたいと思います。

 

腕に力が入っていても、正しい腕の通り道を

分かっていれば大丈夫です。

 

右手の平をクラブのフェイス面と仮定します。

手の平の方向を変えないようにして、

バックスイングでは、まっすぐ引くようにしていきます。

 

手首がウェストの位置に来た時の手の平は、

正面を向いているのが正解です。

 

腕の軌道が正しければ、腕に力が入ったとしても、

ボールをまっすぐに飛ばすことができます。

腕の軌道を正しくするためには、アドレスも

重要になってきます。

 

上半身の前傾は、股関節から作るようにしていきます。

体重は、両足の親指の付け根に置くようにして下さい。

 

そうすれば、腕のスイング軌道を確保することができるので、

力一杯スイングしても、まっすぐなボールを打つことができます。

振り切っても曲がらないドライバーショット

今回は、振り切っても曲がらないドライバーショットについて、

紹介したいと思います。

 

目一杯振り切ろうと思っても、どこかで

当てにいってしまい、ボールに近寄ってしまうのが、

ゴルファー心理と言うものです。

 

ボールに近づきすぎてしまうデメリットとしては、

手を振り抜くスペースがなくなってしまうことです。

 

最近のクラブは軽くなり、シャフトが長くなっているので、

遠心力を限界まで活用するために、身体から

手首を離す必要があります。

 

身体がからグリップエンドまでの距離は、

こぶし3個くらいを目安にして下さい。

 

上半身の前傾角度に対して、

シャフトの角度が直角になっていれば、

最も効率的に遠心力を活用することができます。

 

アドレスでも注意が必要です。

身体がボールに近づきすぎないようにするために、

普段よりボール1個分離れてアドレスしてみて下さい。

 

ボールの近くに立ってしまうと、インパクトにかけて、

身体が起き上がってしまいます。

 

ボールから離れて立つことによって、

身体は、ヘッドをボールに届かせようとするので、

上半身の前傾角度が崩れて、起き上がるのを防いでくれます。

 

インパクトで手首が地面から離れて浮き上がってしまうことも

防いでくれるので、強いスイングができるようになります。