リズム良くスイングする為の練習ドリル

今回は、リズム良くスイングする為の練習ドリルについて、紹介したいと思います。

スムーズなバックスイングは、スムーズなスイングにつながります。
リズムよくテイクバックを上げるためのレッスンです。

バックスイングがぎこちないと、ダウンスイングもぎこちなくなってしまい、
ミスの原因になってしまいます。スムーズなバックスイングを上げるためには、
何を押すように上げることが重要です。

スライスする方は、前方のボールにセットしていきます。

前方のボール

フックする方は、後方のボールにセットしていきます。

フックする方は、

セットする際には、ボールよりも前方にセットしていきます。
今回は、前方のボールでセットしていきます。

バックスイングを上げる際に、後ろのボールを飛ばしていきます。
そのままその勢いを保ったまま、バックスイングをしていきます。

後ろのボールを

ダウンスイングでは、手前のボールを打っていきます。
それでは、実際に打っていきたいと思います。

バックスイングで後ろのボールを押しながら、クラブを上げていき、
ダウンスイングでは、手前のボールを打っていきます。

スムーズなバックスイングから、スムーズなダウンスイングに入っていけます。

▼動画レッスンはこちら▼

ボールの見るポジションで球筋を打ち分ける方法

今回は、ボールの見るポジションで球筋を打ち分ける方法について、紹介したいと思います。

ボールを見るポジションを変えることによって、ドローやフェードボールを打ち分ける方法を
説明させていただきます。

ドローやフェードボールを打ち方を変えることによって、打っていくことは、
なかなか難しいテクニックです。しかし目線を変えることによって、
球筋を変えることができたら、比較的誰でも打ちやすいと思います。

最初に通常通りに構えていただきます。ボールの手前を見ていると、
スライスが出やすくなってきます。

手前を見ることによって、クラブの軌道が外から入りやすくなってきます。
ボールは、左に打ち出されて右に出ていってしまいます。

軌道が外

ここで右には絶対に打ちたくない場合は、ボールの前側を見るようにして下さい。
ボールの前側を見ることによって、ボールをインサイドから振っていくことができます。

クラブをインサイド

目線を変えることで、ボールがつかまった状態になり、
右には行きづらいスイングを作ることができます。

それでは実際に2回打っていきたいと思います。
まずはボールの手前を見て、打っていきたいと思います。

少し左に打ち出され、右へとスライスしていきます。

続いてボールの向こう側を見ながら、打っていきます。
少し映像では分かりづらいと思いますが、みなさんもぜひ1度試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

 

左右に曲がりにくいフェアウェイウッド

今回は、左右に曲がりにくいフェアウェイウッドの打ち方について、
紹介したいと思います。

フェアウェイウッドに限らず、ゴルフのスイングは、左サイドを重視します。
しかし左サイドを重視するのは、結構大変なものです。

そこで、大変な左サイドではなく、利き腕である右サイドを使って、
スイングした方が、スイングしやすくなります。

シャフトが長いフェアウェイウッドでは、
身体の右サイドの回転をうまく使うことによって、
ストレートボールを打ちやすくなります。

スイングの注意点としては、ヘッドの動きを急に早くしないことです。
急に早くしてしまうと、スイング軌道が狂いやすくなるからです。
ヘッドの動きは、徐々に早くすることが重要です。

ヘッドの動きを徐々に早くするためには、右肩と右ひじを等速度で、
スイングすることです。身体の動きが、スムーズだと、
手打ちにならないで、フォロースルーがスムーズになります。

フォロースルーで、右肩をターゲット方向に回転させる際は、
頭までターゲット方向に流れないようにすることが大切です。

そうすると、スイング軌道が、インサイドインになってきます。イ
ンサイドインの軌道は、効率的にボールにヘッドの力を伝えることができて、
シャープなスイングになります。

高いボールを打とうとする意識が強すぎると、
スイング軌道が、アウトサイドになってしまうので、注意して下さい。

インパクトの時は、胸がボール方向に向くようにして下さい。
胸がターゲット方向に向いてしまうと、フェイス面が開いて、
スライスの原因になってしまいます。