引っかけやスライスの原因

今回は、引っかけやスライスの原因について、紹介したいと思います。

引っかけやスライスに悩んでいる方々は、対策としてスイング軌道を寝かせて、
インサイドからダウンスイングをしようとします。

しかしスイング軌道が横になっているだけで、
アウトサイドインの軌道になっている隠れカット軌道なのです。

隠れカット軌道は、スイング軌道が不安定になりやすく、
球筋が左右にぶれてしまいます。飛距離も伸びてくれません。

隠れカット軌道の原因は、身体の捻転が不十分で、
手首を下ろしてくる空間がないことです。

隠れカット軌道を修正するには、アップライトなスイング軌道にして、
手首を真下に下ろしてくる感覚が必要です。

1.カット系スライスと引っかけ対策
ヘッドの重みを体感することが大切です。重みを体感するためには、
グリップの力加減が大切になってきます。

右手の親指と人差し指で強く握ってしまうと、
腕の力が抜けずに、ヘッドの重みを感じることできません。

ヘッドの重みを感じるためには、左手の中指、薬指、小指の3本で握っていただき、
右手は、グリップに触る程度で大丈夫です。
左手の人差し指の力を同時に抜くことができたら、ベストです。

2.プッシュ系スライス対策
プッシュ系スライスを防ぐには、身体の前傾角度が大切です。
前傾角度が深すぎると、身体を十分に捻転させることが難しく、
結果的に身体が起き上がってしまいます。

最後まで捻転な可能な前傾角度を見つけ出して下さい。

さらに最後まで前傾角度を見続けるためには、
インパクトからフォロースルーにかけて、ボールを見続けることが大切です。
見続けることによって、フェイス面が開くことを防いでくれます。

チーピンや引っかけを修正する方法

今回は、チーピンや引っかけを修正する方法について、紹介したいと思います。

最初に引っかけとチーピンの違いについて、説明させていただきたいと思います。
引っかけは、スイング軌道がアウトサイドインになります。

フェイス面がクローズドになって、インパクトを迎えます。
ボールは、左方向に飛び出していき、ボールはストレートボールになります。

チーピンは、スイング軌道がインサイドアウトになります。
出だしから急角度で左方向に曲がっていきます。
ボールが地面に落ちてから、たくさん転がるので、OBの可能性が高くなります。

チーピンの原因は、飛距離を稼ぎたい、インパクトを強くしたい思いから、
ダウンスイングからインパクトにかけて、お尻が前に突き出してしまったり、
手首の位置が高すぎることにあります。

そうすると、腰の回転が停止してしまい、ヘッドがかぶってしまいことにあります。
チーピンを防ぐためには、フェイス面と右腰の動きを連動させることです。

インパクトを右腰で迎える感覚が大切です。
そうすると、腰の回転を維持することできます。

腰を回転させる練習法は、両足の間にクラブを挟んで、
右腰でインパクトを迎える感覚で、素振りをします。

他には、両膝の間に、ボールを挟んで、素振りをします。
腰の位置が高くなるのを防ぎ、腰の回転を意識することができます。

引っかけを治すには、アドレスを修正することが重要です。
アドレスした時に、フェイス面を飛球線に対して、直角に構えます。

トップかダウンスイングにかけて、左ひざを飛球線方向に動かし続けてください。
そうすると、スイング軌道がインサイドから入ってきて、引っかけを修正できます。

ボールをしっかりつかまえる方法

今回は、ボールをしっかりつかまえる方法について、紹介したいと思います。

アイアンが真っ直ぐに飛ばない、引っかかってしまう、
ボールをこすってしまうお悩みをお持ちの方は多いと思います。

アイアンが真っ直ぐに飛ばない理由は、インパクト時のフェイス面の向きです。
引っかけが出てしまう大きな原因は、フェイス面が閉じてしまうことにあります。

なぜフェイス面が閉じてしまうかと言うと、身体の回転が止ってしまい、
右肩が出てしまうからです。右肩が出てしまう理由は、右手の使いすぎにあります。

右手が強すぎると、インパクトからフォロースルーにかけて、
手首をこねてしまい、引っかけてしまいます。

引っかけをなくすためには、手首の角度を維持するようにして、
身体の捻転で打っていくことが大切です。

そのためには、アドレスした時に、クラブを短く持って、
グリップエンドをへそにあてて下さい。

バックスイングの開始と共に、へそも右側に回すようにして下さい。
引っかけの原因の大半は、手打ちです。

手打ちを防ぐための対策は、バックスイングをゆっくり上げることです。
さらに低く長く飛球線の反対方向に引いて下さい。

その時、グリップエンドが常にへそを向いているようにして下さい。
右足の前くらいまでヘッドが芝に触れているくらいでちょうど良いです。

ダウンスイングでは、左手の甲でボールを押していく感覚を持って下さい。
そうすると、ボールにフェイス面がくっつく感じになり、引っかけがなくなります。