ミスに応じたラウンド直前練習法①

今回は、ミスに応じたラウンド直前練習法について、紹介したいと思います。

ラウンド直前の練習法は、普段どんなミスをしやすいかによって、変わってきます。

1.スライス、チーピンが出やすい
いきなりスライスが出たと思ったら、次のショットでは、
左へ引っかけたり、チーピンが出てしまった。このような経験はありませんか。

スライスやチーピンの原因は、スイング軌道がアウトサイドインになっていることが考えられます。

そのような時は、左腕1本で素振りをすることをおススメします。
インパクトからフォロースルーにかけて、ヘッドの遠心力を使って、
飛球線方向に放り投げるような感覚で、スイングしていきます。

左腕1本素振りを繰り返すことで、スライスやチーピンの原因となる右肩が
前に出ることがなくなり、スイング軌道がインサイドインになってきます。

左腕1本スイングに慣れてきたら、両手で握り、スイングしてみて下さい。
この時、右腕はリラックスするようにして下さい。

左腰が後ろに引けてしまい、体重が右に残ってしまうと、
フォロースルーで、クラブはインサイド方向に抜けてしまいます。

体重移動を忘れないようにして、フォロースルーをして下さい。
左ひじを締めないようにして下さい。

左ひじを締めないかわりに、左脇を締めるようにして下さい。
そうすると、フォロースルーにかけて、振り抜きやすくなります。

ラウンド中でも修正できるドライバー即効対処法

今回は、ラウンド中でも修正できるドライバー即効対処法
紹介したいと思います。

①スライスの即効対処法
スライスは、飛距離が落ちるうえに、右サイドに障害物があると、
スコアを大きく崩してしまいます。

スライスの主な原因は、アウトサイドインにあります。
スライスが出ると、ボールを右側に打ちたいがために、
スタンスを右寄りに構える方がいますが、逆効果です。
アウトサイドインが余計強くなってしまうからです。

対処法は、右足を5センチくらい後ろに下げて、左足を2センチくらい
前に出すクローズドスタンスにします。

手首は、少し上に構えます。
バックスイングをスタンスに沿って、開始します。
すると、自然にインサイドアウトになり、スライスが矯正されます。

②フックの即効対処法
フックの主な原因は、身体の動きが止まってしまうことにあります。
アッパーブローの意識が強すぎると、身体の動きが止まってしまうのです。

対処法は、ベルトのバックルを水平に回す意識が大切です。
フォロースルーでは、ヘッドを低く長く出すような感じで良いです。

フィニッシュの形は、目線を低く保つことです。
目線を上げてしまうと、ベルトバックルが水平に回りませんので、
注意して下さい。

③テンプラの即効対処法
フックやスライスほど頻繁に出ませんが、
ドライバーで、打った瞬間、ボールが真上に上がり、
ショートアイアンより飛ばないと、切ないものです。

テンプラの主な原因は、飛距離を出して、真っ直ぐに飛ばしたい
気持ちが強すぎると、上体が前に突っ込んでしまい、ヘッドが
ボールの下に入ってしまうことです。

即効対処法は、右腰を目標方向にぶつけるように回すことです。
すると、上体が突っ込まず、流れず、クリーンヒットできるようになります。

④チョロの即効対処法
ドライバーで、真っ直ぐ遠くに飛ばしたいのに、
ボールの上をたたいてしまい、ボールがフェアウェイをコロコロ
転がってしまうのは、なんとも気まずいと思います。

チョロの主な原因は、手首のコックを早くほどいてしまい、
それを調整しようとして、身体が伸びあがってしまうことにあります。

即効対処法は、ダウンスイングで、グリップエンドをボールに突き刺すような
イメージで、降ろしてくることです。

そうすると、ぎりぎりまで手首のコックをほどかないので、ボールの赤道付近を
クリーンヒットできるはずです。