フォロースルーのフェース向きと振りぬきポジション

今回は、フォロースルーのフェース向きと振りぬきポジションについて、紹介したいと思います。

フォローでよく見られるNG動作は、ボールを上げようとするような動作をしてしまい、
フェイス面が上を向いたような形になってしまうことです。
これは、スライスの原因にもなってしまう動作です。

ボールを上げようとするような

これを修正するドリルですが、左手は通常のグリップをしていただきます。
右手は、手の平を開いた状態で横からあてがいます。

右手は 左手は通常のグリップ

この状態でアドレスをとっていきます。
フェイス面の向きは、右手の平の向きと思ってください。

アドレス

この状態からバックスイングして、ダウンスイング、フォロスルーをとって下さい。
右手の平を斜め下に動かすようにしてみて下さい。

斜め下

実際に右手を開いた状態でスイングをします。
実際に打ってみたいと思います。

▼動画レッスンはこちら▼

バックスイングでの右肩の使い方

今回は、バックスイングでの右肩の使い方について、紹介したいと思います。

右肩がバックスイングで、上に上がってきてしまうと、
バックスイングの時に、身体の捻転を抑えてしまいます。

上がって上に

両肩のラインは、力を抜いた状態で、背中を回して、回転していくのが理想です。
右肩がバックスイングで近くなってくる方は多いと思います。
このような方々におススメの練習ドリルです。

まず左手で右肩を抑えます。クラブを右手1本で持っていただきます。
単純な練習方法ではありますが、左手で右肩をさわったまま、スイングをしてみて下さい。

クラブを右手1本

そうすると右肩の力の入り具合を感じることができます。
ボールを打つことが可能な方は、左手で右肩をさわったままスイングしてみて下さい。
右手1本でスイングしてみて下さい。

左手で

それでは実際に1球打ってみたいと思います。
左手で右肩を触っていただき、右手1本でクラブを持ってアドレスします。
両足のセンター付近にボールを置いていただいて、打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

アプローチの高さを簡単に変える練習方法

今回は、アプローチの高さを簡単に変える練習方法について、紹介したいと思います。

アプローチの球筋を変える練習方法ですが、
斜め縦方向に、ボールを3つ並べて置きます。

nanametate

このポジションから、同じスタンスの幅から3個のボールを打っていきます。
グリップの位置としては、同じ位置に構えていきます。

onajiiti

一番左サイドのボールを打つのでしたら、ボールは、右足のかかとの
延長線上にセットされます。手首は、かなりハンドファーストになっています。

真ん中のボールを打つのでしたら、ボールは、身体のセンターにセットされます。
ハンドファーストの角度は、ほとんどなくなります。

一番右サイドのボールを打つ時は、身体を少しボールに近づけます。
ボールは、左足のかかとの延長線上にセットされます。

左腕とシャフトが一直線になる位置関係になっています。
このようにすることで何が変わるかと言うと、グリップエンドの向きが変わってきます。

アドレスの手の位置は変わりませんが、最初は、グリップエンドが左の股関節を向いています。
真ん中のボールだと、へそを向いているはずです。

最後のボールを打つ時は、へそよりの右を向いているはずです。
このようにすることで、フェイス面は徐々に開いてきます。

同じスタンスの幅で打ってみて下さい。
この練習によって、3段階の高さを調節することができます。

▼動画レッスンはこちら▼