スイングのリズム

今回は、スイングのリズムについて、紹介したいと思います。

ターゲットにボールを打っていくためには、
腕の動きや身体の動きに注意を払うと思います。

しかしボールが当たるタイミングが合わないと、ミスショットになってしまいます。
パットのタイミングを合わせるためには、タイミングが重要になってきます。

パッティングリズムでオススメなのが、2拍子でスイングすることです。
アドレスをセットしたら、2、2、2、2と2と言い続けます。

3でバックスイングを開始して、4でダウンスイングを開始します。
アドレスしたらすぐに2を唱えるのは、雑念を振り払うためです。

通常のスイングでは、アドレスで1と唱えます。
バックスイングで2と唱えます。3でダウンスイングを開始します。
数え方のタイミングが悪いと、上体が起き上がってしまうので、注意してください。

ところで、練習場ではイメージ通りのショットが連発するのに、
ラウンドではミスショットに連発してしまうことはありませんか。

理由の1つに、リズムがあります。練習場では、
連続してボールを打つことができるので、スイングのリズムが良くなります。

しかしラウンドでは,次の一打を打つまでに、時間が経ってしまい、
リズムが狂いやすくなります。

ラウンドでは、アドレスしたら、心の中で、リズムを唱えることに集中してください。
ボールに集中しやすくなってきます。ベストなリズムは、個人個人異なります。
ベストなスイングリズムと歩くリズムは同調していると言います。

歩くリズムを意識してみて下さい。
歩く時は、腕を振って、やや大股で、カカトから着地して歩いてみて下さい。

アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法

今回は、アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

スライスで悩んでいます。スイング軌道を

チェックしてみたら、アウトサイドインに

なっていました。何か良い解決策がありましたら、

教えて下さい。よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

ゴルフのスイングで、最も重要な点は、
スイングプレーンに重なったスイング軌道を描いているかどうかです。

クラブがオンプレーンを描くことが、ナイスショットのポイントです。
スイングプレーンは、インサイドインであることが理想的です。

スイング軌道は、ボールの方向や飛距離に重大な影響を与えます。
誤ったスイング軌道が身についてしまうと、修正することが困難になります。

アウトサイドインは、バックスイングやダウンスイングの時に、
飛球線をオーバーしてしまい、インパクト後のフォロースルーで、
インサイド軌道になってしまうことです。

ボールをしっかりつかまえることができず、
大抵の場合、スライスボールが出やすくなります。
多くのゴルファーは避けたいスイング軌道です。

そこで、アウトサイドインを修正するドリルを紹介します。

ボールの後方に、ヘッドカバーをセットして下さい。
ヘッドカバーを置くことによって、ヘッドカバーが邪魔して、
クラブをアウトサイドいんには振れません。

アドレス

ヘッドカバーに当てないようにスイングすることによって、
ストレートからインサイド軌道のスイングが身につきます。

アドレス2

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

リカバリーショットの打ち方①

今回は、リカバリーショットの打ち方について、
紹介したいと思います。

ティショットを打った後、セカンド地点へ行ってみたら、
枝の茂った松の木の近くに、ボールがあったとします。

明らかにスイングの邪魔になる状況で、強引にフルスイングしてしまうと、
スコアを崩す危険性が出てきます。

リカバリーショットで大切なことは、ターゲットを正しく定めることと
確実なスイングです。

リカバリーショットで、NGなケースは2つあります。
1つ目は、無理に狙うことです。

障害物がある時に、フルスイングの素振りをしてしまうと、
障害物に触れて、ペナルティをとられてしまいます。

ボールを打つ時に、障害物に触れてしまうと、
思った以上にスイング軌道がずれてしまい、ミスショットになる確率が
高くなります。

2つ目は、ヘッドアップです。早くボールの弾道を知りたいために、
つい顔を上げてしまうと、トップや空振りの原因になります。

リカバリーショットのポイントは、クラブを短めに持つことです。
グリップぎりぎりを持ちましょう。スイングをコンパクトにすることで、
障害物に当たりにくくし、確実にボールをヒットしやすくします。

スタンスは、狭くします。こぶし1個分くらいの間隔が良いでしょう。
ボールは右足寄りに置きます。右足に置くと、ボールの最下点の手前で
ボールをヒットできるので、ダフリの危険性を防いでくれます。