アイアンショットの体重配分について。左足軸打法はどうなの?

今回はアイアンショットの体重配分、体重移動について解説します。

【お悩み】
==================
アドレスの時の体重配分ですが、ドライバーで7:3、
アイアンで左に体重をかける打法で打っています。

体重移動はトップの段階で変化するのもですか?
==================
というご質問にお答えしたいと思います。

通常のアドレスで、構えてみて下さい。
アイアンでの体重配分は、理想としては5:5です。

ラインを出した買ったり、低い球を打ちたいときは、
左足に7:3の割合で、体重を乗せていきます。

このような場合を除けば、通常は5:5で構えます。
バックスイングをするにつれて、体重は徐々に右足にかかってきます。

左肩が捻転してくることによって、右股関節に体重がかかってきます。
アプローチでも同じです。スイング幅が小さくなる分、右股関節に
かかる体重配分は少なくなります。

フルスイングの場合は、左肩が捻転することによって、
体重が右股関節に多くかかってきます。

ダウンスイングでクラブを下してくることによって、
徐々に体重が、左側に移ってきます。

フォロースルーでは、しっかり体重が左足に乗ってきます。
左足に体重を乗せたまま、アイアンを打っていく際の体重のかけ方ですが、
左足に7:3で体重をかけます。

バックスイングで左足に体重を乗せることを意識しすぎると、
上体が突っ込んでしまいます。注意が必要です。

aa

バックスイングからダウンスイングに移る瞬間に、
少し右足に乗って、その反動で左足に体重を乗せ換えて、
ダウンスイングを開始してみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

ドライバー・アイアンの飛距離が出ない人の共通点&修正するドリル

【お悩み】
===========================
「インパクトで、両肘が曲がってしまい、飛距離が出ません。
正しいインパクトの方法について、教えて下さい!
===========================

というご質問にお答えしたいと思います。

女性のゴルファーの方々の中には、
インパクトで肘が曲がってしまう方が多い傾向にあります。

飛距離が出ずに、テンプラやトップが出やすくなってしまいます。
このお悩みを解決する練習ドリルは、スプリットハンドがおススメです。

右手のグリップは下になり、左手のグリップは上になります。
両手の間隔は、15センチくらい空けます。

この状態から、通常通りのアドレスをとります。
アドレスした時に、右肩が下がる状態になりますが、
このことはあまり気にすることはありません。

左腕をきちんと伸ばして、アドレスをとって下さい。
ボールは、ティアップして下さい。

スイング幅は、ハーフスイングにして下さい。
ポイントは、インパクトの時に、グリップエンドをお腹に向けることです。

右手は、飛球線方向に伸ばしていきます。
インパクトからフォロースルーにかけて、両手が交差する感じで振り抜きます。
6

この動きをすることによって、フェイスローテーションが出来てきて、
ボールがつかまりやすくなります。

インパクトより手前で右腕を伸ばしてしまうと、ダフってしまうので、
インパクトの跡で、右腕を伸ばすようにして下さい。

動画レッスンをご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。

スイング軸をチェックしてスエー修正!iphoneを使った最新練習ドリル

iphoneで簡単にスイング軸をチェックする方法について紹介したいと思います。

【お悩み】==================
スイング中に、頭が後ろや前に動いてしまいます。
自分で自分のスイングを見たことがないので、
自分で自分のスイングをチェックする方法を教えて下さい!
=======================

というご質問にお答えします。

多くのゴルファーの方々が、身体の左右の動きを気にしていらっしゃると思います。
自分を動きを確認したくても、三脚を立てて、カメラをセットして撮るのは手間がかかると思います。
そこで携帯電話のカメラをセットして、簡単に撮れる方法を紹介します。
撮影モードを内側カメラに設定します。

身体の真下のセンターにカメラをセットします。
カメラが、顔の真下にくるように、カメラの位置を調整します。
1
カメラに映った映像に、天井の蛍光灯などがあると思いますので、
何か目印と頭を合わせていただき、画面を見ながら、
目印から頭の位置を動かさないようにして、何回もシャドースイングをします。
2

カメラを見ながら、シャドースイングをすると、頭の動きがよく分かると思います。
頭2分の1個分のスウェーは大丈夫です。

身体の動きが正確になってきたら、カメラの撮影ボタンを押してください。
実際にボールを打ってみて下さい。

打ち終わったら、動画を再生して、頭の動きを確認してください。
3

動画レッスンもご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。