アプローチの手首の動きをおさえる練習法

今回は、アプローチの手首の動きをおさえる練習法について、紹介したいと思います。

写真のように、手首間にボールをはさんで、手を開いていただきます。
その状態から、グリップを作っていただきます。

手と手

グリップを作って

この形をキープしたまま打っていきます。
打った後もボールが手首の間から落ちないように、フォロースルーを取ってみて下さい。

この形をキープしたまま

ボールが落ちないように

それでは一度打ってみたいと思いますので、ご覧下さい。
みなさんもボールを手首に挟んで、練習してみて下さい。
手首の動きを抑えることができます。

▼動画レッスンはこちら▼

パターのボールポジションについてのチェック方法

今回は、パターのボールポジションについてのチェック方法について、紹介したいと思います。

アドレスでのボールのポジションですが、基本的には左目の下にセットして下さい。
まずは、いつも構えているポジションでアドレスを作ってみて下さい。

いつものポジション

左目の下

今のポジションで構えているのに対して、前傾角度をそのままにして、
左目の下にボールをセットして下さい。

ボールをセット

左目の下からボールを離してみて下さい。
このようにした時に、ボールとボールがぶつかれば、ボールのポジションはOKになります。

今私がボールを落としてみたら、地面にあるボールより手前にボールが落ちました。
そういう場合は、もう少し手前にボールをセットしてみます。

それではもう一度、左目の下からボールを落としてみたいと思います。
今度は、ボールとボールがぶつかりました。

ボールとボールがぶつかるポジションを自分で探して、
アドレスのボールの位置を決めて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

手打ちスイング防止ドリル

今回は、手打ちスイング防止ドリルについて、紹介したいと思います。
身体を同調させるための方法です。

手打ちの原因として考えられるのが、両わきの位置です。
両わきが胴体から開いてしまうと、手の動きと身体の動きがばらばらになってしまい、
手打ちになってしまいます。

手打ちを防止して、腕と身体の動きを一体化させるには、
両わきを胴体にくっつけて、一体化させる必要が出てきます。

両わきを一体化させるには、両わきに何かをはさんで、
腕と胴体の動きを一つにする必要があります。

練習ドリルでは、タオルを使用していきます。
タオルを左わき右わきにはさんでいきます。

タオルを使用

左わき右わきにはさむ

両わきにはさんだタオルが、どちらとも落ちないようにして下さい。
両わきを意識して、スイングを作っていきます。

hasannde

両わきにはさんでいただき、軽くはさんでいる状態で、スイングをしていきます。
このような形で、両わきにタオルをはさんでスイングをしていただくと、

インパクトでの左わきの離れやバックスイングでの右わきの開き、
ダウンスイングでの左わきの開き、このあたりが解消され、身体を同調した
スイングができてきます。

みなさんも試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼