ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法

今回は、ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、正しい腰の動きで、回転は出来ていますか。このビデオで、
正しい腰の動きをチェックしてみましょう。

レッスンをしていると、バックスイングを上げてから、
ダウンスイングにかけて、右の腰が前に出ながら、ダウンスイングをしている方が
非常に多いです。このように前に出てしまうと、前傾角度の起き上がりや
シャンク、手元が前に出てしまい、シャンクになってしまいます。

右の腰が前に出ながら

さまざまなミスショットの原因を作ってしまいます。
ここでは、バックスイングを上げる前のアドレスの状態で、
シャフトを腰に当てます。

アドレスの状態で

シャフトを少し前方に出していく形で、スイングをしていきます。
このポジションから手の位置は変えないようにして、腰を回してみて下さい。

少し前方に出す

腰を回して

ダウンスイングの時には、前に出ないように当たらないように、
内側で回転するようにして下さい。

もう一度やってみます。アドレスのポジションから、
シャフトを少し前に出していただいて、バックスイングして、
ダウンスイングで、当たらないように回転していきます。

ここで当たってしまう方と言うのは、バックスイングしてから、
ダウンスイングで、腰が前に出て当たってしまいます。
手が前に出てしまいます。下にもシャフトを置いて、重ねるような形で、
スイングを作っていくと、分かりやすいです。

一本は下に置き、一本は手に持って下さい。当たらないように
バックスイングして、ダウンスイングして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリル

今回は、 テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリルについて、紹介したいと思います。
テークバックで上体が前に突っ込んでしまうリバースピボットを修正していきます。

本日のレッスンでは、練習場で使う緑のかごを使用していきます。
かごが無ければかごでなくても結構です。左足を支えることができる物であれば、大丈夫で
す。

かご使用

台に左足をセットしていただいたら、スタンスをとっていただきます。
このようにすることで、バックスイングでしっかりと右足に体重を乗せることができます。

このようにすることで

右足に体重がしっかりと乗っていることが感じられると思います。
この状態から、肩のポジションまでダウンスイングをしてみて下さい。
しっかりと振り抜くようにして下さい。

肩のポジション

それでは打ってみたいと思います。
スタンスは、ワイドスタンスにして下さい。台の端に左足を乗せていきます。
左足のつま先は、若干オープンにして下さい。

ボールは両足のセンターにセットして下さい。
バックスイングでは、右足に体重を乗せていただいて、上体を十分に捻転していきます。

ダウンスイングでは、体重を左足に乗せていきます。
上体をしっかり回してください。

この練習で体重が右足に乗ってくる感覚を覚えて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

インパクト時の腰の開きすぎに有効な練習ドリル

今回は、インパクト時の腰の開きすぎに有効な練習ドリルについて、紹介したいと思います。

左の腰が開きすぎてしまい、流し打ちのような形で、右にスライスしてしまう。
このような方々に、有効なドリルです。

まずは通常のアドレスをしていただきます。

通常でセット

ここから足をクロスしていただきます。

クロスした状態から

左足を前にしてみて下さい。クロスした状態からボールを打ってみて下さい。
ふり幅は、ハーフスイングで結構です。脚がずれないようにスイングしてみて下さい。

クロスした状態から

肩から肩までのハーフスイングで結構です。
それでは脚をクロスした状態で、スイングを作っていきたいと思います。

左足を前にしてクロスします。ボールは、両足のセンターにセットします。
手首は、左足の太ももの前にセットします。

ハンドファーストの形を作ってみて下さい。
脚がずれないようにして、上体を十分に捻転して、
アゴの下に左肩がくるようにして下さい。

左腕が曲がらないようにしてください。
ダウンスイングでも、両足がずれないようにして、フォロースルーをとって下さい。

このようにすることで、腰が適度に回転していきます。
大きく開きすぎて、体重が逃げることはありません。

適度に回転して、左サイドに壁を作ることができます。

▼動画レッスンはこちら▼