やわらかいアプローチを打つ方法

今回は、やわらかいアプローチを打つ方法について、

紹介したいと思います。

 

やわらかいアプローチを打つポイントは、

ヘッドの重みを感じながら打てるかどうかです。

 

クラブヘッドがインパクトでボールの下を通過して、

ロフトにボールが乗って、ふんわりと上がり、

地面に落ちたら、すーっとピンに寄っていきます。

 

ヘッドの重みを感じるためには、アドレスでリラックスすることが

重要です。

手や前腕に力が入ってしまうと、ボールが強く出てしまい、

やわらかいボールを打つことはできません。

 

ミスショットも出やすくなってしまいます。

グリップ自体は、ある程度強く握ることが必要です。

 

グリップが緩すぎてしまうと、芝やボールに負けてしまうからです。

ある程度強く握る基準は、手首を自由に動かせて、

ヘッドの向きがずれない程度だと思ってください。

 

手首を前後左右に動かして、ヘッドの重みを感じるようにして下さい。

アプローチのスイングでNGなのが、手首でクラブを

コントロールすることです。

 

手首と両肩のラインで三角形を作っていただき、

身体の回転でスイングして下さい。

身体の回転でスイングしていくと、ヘッドの動きが

ゆったりしてきて、やわらかいボールを打つことができます。

 

下半身は固定して、左右に動かないようにして下さい。

 

アプローチで距離感を養う方法

今回は、アプローチで距離感を養う方法について、紹介したいと思います。

転がしていくアプローチは、打ち方としては難しくありませんが、
距離感を安定させることは、なかなか大変です。

距離感を安定させるために、右手で転がす練習が有効です。
肩をリラックスさせて、両足に均等に体重をかけて立ちます。

腕を動かしやすい体勢をとって下さい。
右手を後方に振りかぶったら、左足を前に出して、右手を振り下ろしてきます。

左足に一気に体重をかけて、ボールを放り投げます。
インパクトの時、手から離れた時のボールの高さが一定になるようにして下さい。

手の動きと身体の動きをうまく連動させてください。
ボールをコントロールしやすくなります。

ボールを投げる練習を何回かしていただいたら、実際にクラブを持って、
ボールを打ってみて下さい。

ふり幅は、バックスイングとフォロースルーのふり幅が、同じくらいになるようにして下さい。
バックスイングよりフォローするのふり幅を大きくしてしまうと、パンチショットになってしまうので、
注意して下さい。

ふり幅が左右で、同じくらいになれば、インパクトでのボールへの当たり具合が、
一定になってきて、距離感に安定感が出てきます。

アプローチの手首の動きをおさえる練習法

今回は、アプローチの手首の動きをおさえる練習法について、紹介したいと思います。

写真のように、手首間にボールをはさんで、手を開いていただきます。
その状態から、グリップを作っていただきます。

手と手

グリップを作って

この形をキープしたまま打っていきます。
打った後もボールが手首の間から落ちないように、フォロースルーを取ってみて下さい。

この形をキープしたまま

ボールが落ちないように

それでは一度打ってみたいと思いますので、ご覧下さい。
みなさんもボールを手首に挟んで、練習してみて下さい。
手首の動きを抑えることができます。

▼動画レッスンはこちら▼