アプローチでやわらかい球を打つ練習ドリル

今回は、アプローチでやわらかい球を打つ練習ドリルについて、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、ボールの上にティッシュを置いていきます。
ティッシュを置いたら、ボールを包み込むようにセットして下さい。
ティッシュをくしゃくしゃにして下さい。

見えない

ボールの上にティッシュ

実際にボールがどこにあるか分からないようにして下さい。
このようにすることで、ボールを打とうとする意識が抜けて、リラックスすることができます。

インパクトの長さを長くとることができて、柔らかい球を打つことができます。
それでは、実際にボールを打ってみて下さい。

実際に

アドレスは、少し開いて下さい。
ボールを上げたいというようなアドレスを作ってみて下さい。

ここから打ってみて下さい。
ティッシュを丸ごと剥ぎ取るように打ってみて下さい。
この練習によって、柔らかいボールを打つことができるよになってきます。

▼動画レッスンはこちら▼

練習場で行えるロブショットの練習方法

今回は、練習場で行えるロブショットの練習方法について、紹介したいと思います。

ロブショットでは、クラブが入っていくスペースが必要になります。
例えばベアグラウンドなどでは、地面をはじいてしまい、
ロブショットは使いにくくなってしまいます。

練習する際には、ティアップして練習して下さい。
ティアップしていただいたら、フェイス面を少し開きます。

1

ここでボールをクリーンに打つのではなくて、
ロブショットは、低く手前の芝からヘッドを入れていきます。
直接ボールにヒットしてしまうと、トップの危険性が出て、
ボールは高く上がってくれないので、注意して下さい。

ティを打つようなイメージでスイングをしてみて下さい。

2teli

実際にティアップしてあるボールをセットして頂いたら、
ティの頭の部分を打っていきたいと思います。

ボールのポジションは、左足の前にセットします。
スタンスは広めにして、オープンスタンスに構えます。

3

手首は、ハンドダウンにしていただいて、ボールの距離をとってください。
この状態から、ティの頭を打っていきます。

このようにすることで、高いボールが上がっていきます。
練習場で打つ時は、天井に当たらないように気をつけて打って下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

アプローチの高さを簡単に変える練習方法

今回は、アプローチの高さを簡単に変える練習方法について、紹介したいと思います。

アプローチの球筋を変える練習方法ですが、
斜め縦方向に、ボールを3つ並べて置きます。

nanametate

このポジションから、同じスタンスの幅から3個のボールを打っていきます。
グリップの位置としては、同じ位置に構えていきます。

onajiiti

一番左サイドのボールを打つのでしたら、ボールは、右足のかかとの
延長線上にセットされます。手首は、かなりハンドファーストになっています。

真ん中のボールを打つのでしたら、ボールは、身体のセンターにセットされます。
ハンドファーストの角度は、ほとんどなくなります。

一番右サイドのボールを打つ時は、身体を少しボールに近づけます。
ボールは、左足のかかとの延長線上にセットされます。

左腕とシャフトが一直線になる位置関係になっています。
このようにすることで何が変わるかと言うと、グリップエンドの向きが変わってきます。

アドレスの手の位置は変わりませんが、最初は、グリップエンドが左の股関節を向いています。
真ん中のボールだと、へそを向いているはずです。

最後のボールを打つ時は、へそよりの右を向いているはずです。
このようにすることで、フェイス面は徐々に開いてきます。

同じスタンスの幅で打ってみて下さい。
この練習によって、3段階の高さを調節することができます。

▼動画レッスンはこちら▼