アプローチでの苦手意識を消す練習ドリル

今回は、アプローチでの苦手意識を消す練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

グリーン周りのアプローチが苦手です。

ザックリやトップを防ぐ練習方法を

教えて下さい。お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

今回のレッスンでは、クラブを極端に短く握って下さい。
短く握るということは、ボールから身体までの距離が、
近くなるということです。

短く

ボールとの距離

ボールを正確にヒットする確率が増えてきます。
実際に10ヤードくらいの距離で、アプローチを打ってみて下さい。

打つ

この練習を何球かすることによって、
クリーンにボールを捉える感覚が、身についてきます。

またインパクトをしっかりと作ることができるので、
安心感も生まれます。

この練習を繰り返し行った後で、通常のアドレスで、
クラブを少し短く持って、打ってみて下さい。

実際に打つ

ボールと身体の距離感が変わらず、
良い形のスイングができると思います。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

アプローチでのダフリ&トップを撲滅するドリル

今回は、アプローチでのダフリ&トップを撲滅するドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

アプローチで、なかなか距離感が合いません。

距離感を合わせようとすると、トップやダフリが

出てしまいます。距離感を合わせて、トップや

ダフリをなくす方法を教えて下さい。

お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチでダフリやトップをしてしまう方は、
ボールを上げようとしてしまい、すくい打ちに
なっているケースが多いようです。

右に体重が残る

すくい打ちをしている方は、どうなっているかというと、
右に体重が残ってしまい、身体が上を向いてしまう
ことが多いです。

すくい打ち

このような体勢になってしまうと、距離感が合わず、
トップやダフリが出てきます。

ここで、左足1本で構えていきます
左足1本で構えたら、小さいスイングで、振ってみて下さい。

左足1本

こうすることで左足軸回転で、スイングすることができます。
股関節に体重をしっかり乗せることができ、
きれいなインパクトを作ることができます。

左足1本打つ

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

アプローチ 手打ち撲滅ドリル

今回は、アプローチ 手打ち撲滅ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

アプローチでのミスが多くて、悩んでいます。

原因は、手打ちになっているのではないか

と思います。

できれば体幹を使って、

アプローチをしたいと思っています。

体幹を使えるようになるための

練習ドリルがあったら、教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチでも、体幹を使う必要があります。
距離が短いからと言って、手先を使ってしまうと、
ミスの原因になりやすくなります。

練習ドリルですが、通常のアドレスをしていただきます。
次に、お腹に左手を当てて下さい。

onaka

みぞおちあたりに、親指をセットします。
手の平は、みぞおちの下あたりにセットします。

クラブを右手1本で握って構えます。
その状態から、腰の高さくらいまで、バックスイングをしていきます。

migi

その時に、お腹に当てた手が右側に向いてくるように、上体を捻転していきます。
手首の角度が変わらないように、バックスイングしてみて下さい。

アドレスした時の上体の角度が変わらないように、
バックスイングでは、左手が右側に移動して、
フォロースルーでは、左手が左側に移動するように、
上体を捻転してみて下さい。

hidari

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。