フェイス面をしっかり返す方法

今回は、フェイス面をしっかり返す方法について、紹介したいと思います。

最近のレッスンは、フェースターンを抑えて打つ、
というのが流行のようです。この流行に疑問を感じる方も
多いと思います。

ゴルフは先が大きくなったシャフトでボールをヒットしていく競技です。
さらに面倒なことに、このヘッドは常にオープンという特徴を持っています。

そのためには、フェース面を積極的にクローズしていく
作業が絶対的に必要となるのです。

フェイス面を自然にクローズしていくには、
トップで折った右ヒジをダウンスイングでぐーんと伸ばしていきます。
その感じをつかむことによって、ダウンブローをマスターするための
基本を身につけることができます。

多くのプロのショットは、たいていフォローでフェイス面が
クローズになっていきます。

ダウンブローとフェースターンのつながりについて、
さらに説明を加えていきます。

最近はボールのつかまりのいいクラブが製造されています。
フェイス面をあまり返さずに、ショットすることが推奨されています。

実際「フェイスの返しを抑えるのがストレートボールのポイント」
といったトッププロの意見を耳にすると思います。

しかしそれは、ボールをきちんとつかまえるテクニックが
備わっている方々の意見です。

ゴルフ雑誌などで、プロのアイアンショットのフォローでの
フェース面の方向に注意してください。

オンプレーンを意識しすぎてスイングがぎこちない方のための練習ドリル

今回は、オンプレーンを意識しすぎてスイングがぎこちない方のための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

オンプレーンを気にしすぎてしまうと陥りやすいミスが、バックスイングの位置関係を気にしすぎてしまうケースです。
他にはボディターンを気にしてしまい、腕もヘッドも動かなくなってしまうパターンもあります。

ゴルフで重要なのは、スイングプレーンよりもヘッドと腕を早く振ることにあります。
最初のドリルは、クラブ3本素振りです。クラブを3本持てば重量は、相当なものになります。

重量があるものを振るためには、コックをしっかり使うことが重要であることを体感できます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけて、腕をローテーションしていく必要もあります。

次の連取ドリルは、クラブを逆に持った素振りです。オンプレーンを意識しすぎてしまうと、
両わきの締めがきつ過ぎてしまうことです。ヘッドと腕が走るためには、フェイス面の回転と体重移動が必要です。

そのためには、両わきを締めすぎてしまうと、これらの動きを使えなくなってしまいます。
インパクトからフォロースルーにかけて、音が鳴るように思いっきりスイングしてみて下さい。

左腕1本で素振りをしても、同様の効果があります。

ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法

今回は、ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法や
パターの振り幅をコントロールする為の練習方法について、紹介したいと思います。

このようにボールを両足のつま先の前にセットしてみて下さい。
ボールの前にアドレスしてみて下さい。

セットします。

つま先の前

ここで、バックスイングの時にボールに当たらないように、
前にヘッドを出した時もボールに当たらないように、
スイングしてみて下さい。

バックスイングの時に

ストロークを作ってみて下さい。
地面にセットしたボールに当たらないように、ストロークしてみて下さい。
ここで、実際にボールを打っていきます。

前に出した時も

ボールよりも1個前に出していただき、セットしてみて下さい。
アドレスしたら、両端のボールに当たらないように、
真ん中にセットしたボールを打ってみて下さい。

何回かストロークしてみて下さい。
このようにふり幅を揃えて、同じ距離にボールを止めるようにしてみて下さい。

この練習で、1球だけボールが転がってしまったり、
1球だけボールが転がらなかったりしてしまうと、
パターの安定感がなくなってしまいます。

ふり幅で一定のリズムとストロークをマスターしてみて下さい。
このドリルで、ふり幅を矯正して、練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼