パターのストローク中の肩の動き

今回は、パターのストローク中の肩の動きについて、紹介したいと思います。

最初に、アイアンを1本用意して下さい。
アイアンを両わきの下に挟みます。

アイアンをはさみます。

通常のスイングですと、肩を回転させると思います。
動画のようにバックスイングをしていきますと、
フェイス面がローテーションしてきてしまいます。

肩を回転させる

こうなると、真っ直ぐ転がすことが難しくなってしまいます。
2メートルくらいのパッティングするイメージでスイングしてみて下さい。

脇に立てたシャフトが、このように縦に動くようにスイングしてみて下さい。
例えばクラブが当たってしまう場合、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

縦に動くように

他には、クラブが当たってしまう場合、インサイドアウトになってしまいます。
右側に押し出してしまう形になってしまいます。

慣れてきましたら、グラブを両方にあてがって、スイングしてみて下さい。
自分の癖をチェックすることができます。

実際にクラブを両わきにはさんだまま、ボールを打ってみて下さい。
最初は、カップまでの距離を1mくらいから打ってみて下さい。

実際に練習

両わきにクラブをはさんだまま、ボールをカップインしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法

今回は、パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法について、紹介したいと思います。

ボールの動画のようにセットしてみて下さい。
ボールを3つ並べてはありますが、実際に打っていくボールは、真ん中になります。

ボールをせっとしてあります。

若干広くセット

両サイドのボールは、パターの幅より若干広めにセットして下さい。
真ん中のボールを実際に打っていきます。

真ん中

両サイドのボールに当たらないようにスロトークしていきます。
このようにすることによって、真ん中にしかボールを当てることができなくなります。

例えばインサイドに振り上げてアウトサイドに出してしまうと、
前方にボールに当たってしまいます。

この練習によって、ストロークを安定させることにつながります。
芯でボールを捉えることができるようになってきます。

それでは実際に打ってみたいと思いますので、
ご覧ください。

両肩と手首を結んだ三角形を崩さないように、まっすぐ後ろに引いて、
まっすぐに押し出します。

まずはカップまでの距離を短くして、ストロークに集中しやすくしてみて下さい。
みなさんもボール3個練習を試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

 

手打ちスイング防止ドリル

今回は、手打ちスイング防止ドリルについて、紹介したいと思います。
身体を同調させるための方法です。

手打ちの原因として考えられるのが、両わきの位置です。
両わきが胴体から開いてしまうと、手の動きと身体の動きがばらばらになってしまい、
手打ちになってしまいます。

手打ちを防止して、腕と身体の動きを一体化させるには、
両わきを胴体にくっつけて、一体化させる必要が出てきます。

両わきを一体化させるには、両わきに何かをはさんで、
腕と胴体の動きを一つにする必要があります。

練習ドリルでは、タオルを使用していきます。
タオルを左わき右わきにはさんでいきます。

タオルを使用

左わき右わきにはさむ

両わきにはさんだタオルが、どちらとも落ちないようにして下さい。
両わきを意識して、スイングを作っていきます。

hasannde

両わきにはさんでいただき、軽くはさんでいる状態で、スイングをしていきます。
このような形で、両わきにタオルをはさんでスイングをしていただくと、

インパクトでの左わきの離れやバックスイングでの右わきの開き、
ダウンスイングでの左わきの開き、このあたりが解消され、身体を同調した
スイングができてきます。

みなさんも試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼