インパクトでの伸び上がりを修正するドリル

今回は、インパクトでの伸び上がりを修正するドリルについて、紹介したいと思います。
ダウンスイングでの伸びあがりを防止するための練習法です。

ダウンスイングからインパクトにかけて伸びあがってしまう方や
トップが多い方に有効なドリルです。

伸びあがってしまう

グリップを握っているポジションを反対にしていきます。
これをクロスハンドグリップと言います。

反対にしていきます

このような形で構えていただき、腰から腰のスイングで、
スイングを作っていきます。ここで左手が上に引いてしまうと
確実にボールは当たりません。

このような形で構えていただき

左手を伸ばしたままのイメージで、スイングを作って下さい。
左手の甲をフェイス面と思って、スイングを作っていきます。

左手を伸ばしたままのスイングで

それでは一度打ってみたいと思います。
クロスハンドで構えていただいて、腰までの高さまで上げます。
左腕が曲がらないようにスイングして下さい。

左手の甲をフェイス面に見立てて、ボールにぶつけるつもりでスイングして下さい。
難しいと感じる方は、最初はティアップしていただいても結構です。

左肩の伸びがなくなってきます。

▼動画レッスンはこちら▼

おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法

今回は、おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、バックスイングで身体の捻転はしっかりできていますか。
今回のレッスンでは、おへその向きをチェックして、上体の捻転を作っていきます。

アドレスを構えた時は、へそは真正面を向いています。
ここからバックスイングをしていった時に、おへそが右のつま先を
向いていることを確認して下さい。

バックスイング

右のつま先の上に、へそが向いていますか?
ダウンスイング、インパクトでは、おへそは、若干左を向いていることを確認して下さい。

インパクト

フォローにかけては、左足つま先の上にくるようにスイングしてみて下さい。
こうすることによって、お腹と背中の筋肉が捻じれてスイングできるようになってきます。

お腹背中捻じれて

それでは、実際にスイングしていきたいと思います。
最初は、おへそは正面を向いています。

バックスイングをしていくに従って、おへそは右を向いていきます。
トップでは、おへそは右足のつま先の上を向いています。

ダウンスイング、インパクト、フォロースルーにかけて、
おへそは、だんだん左方向に向いていきます。

この動きをあまり意識しすぎてしまうと、バックスイングで、
上体が右方向に流れてしまうことがあるので、注意して下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインをボールを打ちながら修正する練習方法
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、斜めにボールをセットしていきます。
一番左サイドのボールが遠くなり、右サイドのボールが自分に近くなるように
セットしてみて下さい。

ななめに

斜めにセットしたボールの真ん中を打っていきます。
アウトサイドインに振ってしまうと、両サイドのボールが気になってしまいます。

ななめにセットしたボールの真ん中を

両サイドのボールに当たらないようなインサイドから下してきて、
アウトサイドに振り抜いていきイメージでスイングしてみて下さい。

では真ん中のボールを実際に打っていきたいと思います。
通常通りにアドレスをとって下さい。

真ん中のボールが身体のセンターにくるように、3個のボールをセットして下さい。
手首はハンドファーストに構えて下さい。

上体の捻転を十分に使って、バックスイングをしていただき、
体重移動を使って、ダウンスイングして下さい。

そうすると、クラブはインサイドに降りてきて、
若干アウトサイド気味にフォロースルーしていきます。
両サイドのボールに当たることなく振り抜くことができれば、
若干ドローボールになっていきます。

▼動画レッスンはこちら▼