コースで突然勃発するグリーン周りのシャンクの予防法

今回は、コースで突然勃発するグリーン周りのシャンクの予防法について、紹介したいと思います。

グリーン周りのアプローチで、突然シャンクが出てしまった時の対策について、
説明させていただきます。

コースで突然シャンクが出てしまった場合は、この部分に気をつけていただけると、
シャンクが収まる練習ドリルです。

通常通りに構えていただきます。
シャンクが出る原因として、右足の動きが挙げられます。
右足が前に出てしまうことが原因です。

スイングプレーンがフラット

右足が前に出るということは、スイングプレーンがフラットになってしまい、
ヘッドが倒れて、ネックが一番最初にボールに到達してしまうことになります。

スイングプレーンがフラット

右足を前に出さないように気をつけることが重要です。
右足が前に出なければ、シャンクを抑えることができます。

練習ドリルでは、アドレスに工夫を加えて、シャンクを防止します。
アドレスしていただいたら、右足のひざを内側に傾けます。

右足を内側に

左のひざの内側につけていきます。
ひざをつけた状態のまま、アプローチしていきます。

ダウンスイングでひざが前に出てしまい、離れてしまうのはNGです。
それでは一度打ってみたいと思います。

右足のひざを左ひざの裏につけて、ひざの位置を固定したまま、
打っていきます。

付けた状態のまま

シャンクが出た時には、ひざの位置を注意したアドレスを作ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

50y前後のアプローチのシャンクの原因と対策について

50y前後のアプローチでシャンクがでてしまう。
というお悩みをいただきました。

シャンクの原因と対策について、お答えしたいと思います。

シャンクの原因は、2つです。

原因1

1つ目は、バックスイングで、ヘッドをインサイドに引きすぎてしまうことです。
ヘッドが外に倒れてしまっている状態です。
inside

バックスイングでは、ヘッドをインサイドに寝かせてしまうのではなく、
クラブを立てるように、バックスイングします。

バックスイングした時に、クラブを離してみて下さい。
真下にストーンと、クラブが落ちて、手にヘッドが引っかかれば、
クラブが正しい位置にあることになります。
2

バックスイングで一度止め、、
クラブを離して、真下に落ちるかをチェックして下さい。

シャンクしやすい方々が、バックスイングすると、
クラブがインサイドに入ってしまうため、
クラブが真下に落ちてこないはずです。

このような状態で、ダウンスイングしてしまうと、
シャンクが出やすくなってしまいます。

対策1

クラブがインサイドに入ってしまう方の対策ドリルは、
お互いに立てかけた3本のクラブを障害物として使います。

3本のクラブを身体の真横に置きます。
3本のクラブは、バックスイングした時にクラブが届く位置に置きます。
3

クラブをインサイドに引いてしまうと、障害物に当たってしまいます。

バックスイングでクラブが当たらないように、
クラブをあげていくことでアップライトなテークバックを実現できます。

原因2

2つ目の原因は、ダウンスイングの右ひざです。

右ひざが前にでることで、手の通る場所がなくなり、
手が前に出てしまい、ボールがクラブのネックに当たってしまいます。
4

対策2

対策ドリルは、右ひざが前に出てしまうのを防ぐために、
アドレスで右ひざを一歩後ろに引いて、左足を軸にして、スイングを作っていきます。

この対策ドリルで、右ひざが前に出てシャンクが出ることを防ぐことができます。

動画レッスンをご覧ください

最後までご購読いただきありがとうございます。