スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリル

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリルについて、紹介したいと思います。

バックスイングを上げて、バックスイングの軌道に対して、外からヘッドを下していしまう、
スライスの原因であるアウトサイドインですが、これを修正するドリルを紹介します。

autosaidoinn

バックスイングしていただき、トップで少し止めていただきます。
トップで止めていただきたら、このように、3回ほどヘッドを回していただきます。

heddowomawasu[

回していただいて、後ろに来たタイミングで、ダウンスイングをしていただきます。
実際にボールを打ってみて下さい。

daunsuingu

アウトサイドインの場合は、みなさんからみて時計と反対回りに回してください。
それでは実際にボールを打ってみたいと思います。

通常のアドレスをとったら、バックスイングをしていただきます。
トップでヘッドを3回ほど回します。

自分のタイミングでダウンスイングを開始して、ボールを打ってみて下さい。
この練習ドリルによって、アウトサイドインの軌道ではなく、
回しながらダウンスイングをすることによって、ループを描いた状態で、
インサイドからクラブを下すことができるようになります。

クラブを回す以外は、いつもと同じ動きで大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼

チーピンやフックを修正する箱ドリル

今回は、チーピンやフックを修正する箱ドリルについて、紹介したいと思います。

チーピンやフックが激しい方のための原因と練習ドリルです。

チーピンを打つということは。クラブがインサイドから入りすぎてしまい、
フォロースルーがアウトに抜けてしまうことが原因です。

インサイドから

スイング軌道がまくり打ちになってしまうような感じです。

下から上に振ってしまうと、ボールにドロップ回転がかかってしまい、
チーピンになってしまいます。

今回のレッスンでは、長細い箱を用意していただきます。
ボールの後ろ側にセットしていただきます。

箱を用意して頂だき

ボールの後ろ側に箱をセットして頂いたら、
箱に当たらないようにクラブをスイングしていきます。

ボールの後ろ側に

このようにすることで、クラブをインサイドから振り下ろすことができなくなります。
クラブが上から入って、しっかりとしたインパクトを作ることができます。

最初は難しいと思いますので、ショートアイアンを使うことをおススメします。
アプローチから練習する場合は、クラブを上から入れやすくするためです。

ドライバーが、一番インサイドから入りやすいクラブになります。
アプローチから徐々に長いクラブに変えていってください。

それでは一度打ってみたいと思います。
身体の捻転を十分に使って、打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼
)

スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリル

今回は、スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリルについて、紹介したいと思います。

アウトサイドインの軌道を修正して、スライスを修正していきます。
大きな箱を用意して下さい。箱をボールの前にセットして下さい。

大きな箱

画面の向こう側に打っていくように構えていただきます。
ボールからヘッド一個分離して、箱をセットしてみて下さい。

ボールからヘッド1個分

この状態からスイングしてみて下さい。
スイング軌道がアウトサイドになってしまうと、ヘッドが箱に当たってしまいます。

アウトサイド

箱に当たらないように、バックスイングをインサイドに上げていきます。
ダウンスイングでは、インサイドに降ろしていきます。

インサイドインにスイングするためには、手打ちにならないようにして、
身体の捻転を使って、スイングしてみて下さい。

それでは、実際に箱をセットして、スイングを作っていきたいと思います。
箱をセットしたら、通常のアドレスをとっていただきます。

ボールは、身体のセンターにセットしていただいて、ハンドファーストに構えて下さい。
バックスイングでは、両肩と手首の三角形を崩さないようにして、
上体の捻転を使って、クラブを上げていきます。

トップでは、左肩がアゴの下に入るまで、十分に上体を捻り上げて下さい。
左足のかかとを上げてしまうと、前傾角度が崩れやすいので、注意して下さい。

最初からボールを打つのが不安な方は、素振りから始めていただいても構いません。

▼動画レッスンはこちら▼
)