フック チーピンの典型的なスイングタイプとその改善方法

今回は、フック チーピンの典型的なスイングタイプとその改善方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

チーピンで悩んでいます。スイングに何かしら

問題があることは分かりますが、正確には

分かりません。

良い改善方法がありましたら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

チーピンのように極端に引っかかったボールが
出てしまう方は、インパクトの所で、
右ひじが伸びてしまう、または右ひじが外を向いてしまう
傾向があります。

soto

nigihiji

チーピンが出てしまうスイング上の問題点は、たいていこの2つです。
このような形になってしまうと、フェイス面は、大きく左を
向いてしまうか下を向いてしまいます。

テンプラの原因にもなってきます。
ここで紹介したいドリルは、右わきにヘッドカバーをセットしていただきます。

kaba-

ヘッドカバーをセットしたら、インパクトの形でしっかりと、
脇を締めていただいて、ヘッドカバーが落ちないようにして下さい。

inpakuto

ヘッドカバーが落ちなければ、肘の位置は正しい動きをします。
バックスイングを大きく上げることはできませんので、
身体の回転を使った小さいスイングで大丈夫です。
インパクトの形をしっかり作って下さい。

ドライバーで100ヤード打つイメージで結構ですので、
試してみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法

今回は、アウトサイドインの軌道を簡単に修正する方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

スライスで悩んでいます。スイング軌道を

チェックしてみたら、アウトサイドインに

なっていました。何か良い解決策がありましたら、

教えて下さい。よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

ゴルフのスイングで、最も重要な点は、
スイングプレーンに重なったスイング軌道を描いているかどうかです。

クラブがオンプレーンを描くことが、ナイスショットのポイントです。
スイングプレーンは、インサイドインであることが理想的です。

スイング軌道は、ボールの方向や飛距離に重大な影響を与えます。
誤ったスイング軌道が身についてしまうと、修正することが困難になります。

アウトサイドインは、バックスイングやダウンスイングの時に、
飛球線をオーバーしてしまい、インパクト後のフォロースルーで、
インサイド軌道になってしまうことです。

ボールをしっかりつかまえることができず、
大抵の場合、スライスボールが出やすくなります。
多くのゴルファーは避けたいスイング軌道です。

そこで、アウトサイドインを修正するドリルを紹介します。

ボールの後方に、ヘッドカバーをセットして下さい。
ヘッドカバーを置くことによって、ヘッドカバーが邪魔して、
クラブをアウトサイドいんには振れません。

アドレス

ヘッドカバーに当てないようにスイングすることによって、
ストレートからインサイド軌道のスイングが身につきます。

アドレス2

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

スライスの原因のインパクトで肩の開きを抑える練習ドリル

今回は、スライスの原因のインパクト時に
肩の開きを抑える練習ドリルについて紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================
インパクトで体が開いて、スライスしてしまいます。
インパクトの時に身体が開かずに、
インパクトを迎えられるようなドリルを教えて下さい。
=====================
というご質問にお答えします。

左肩が開かない感覚を作るために、
左手1本でサンドウェッジかアプローチを握ります。

aaa

重く感じる方は、短めに持って下さい。

身体が開くインパクトを作ってしまうと、
ヘッドの先の方に当たったり、右に飛んでいってしまいます。

身体が真正面にある状態で、インパクトを作っていきます。
右手は、左肩をさわって下さい。

インパクトの時に、手の向きを確認しながら、
スイングして下さい。

インパクトで、身体が開かないように、
真正面に向くことを意識して、スイングして下さい。

ティアップした状態で大丈夫なので、
片手で20ヤードくらいを目安に、打ってみて下さい。
a

今度は、逆に身体を開きながら、打ってみて下さい。

あえて身体を開きながら打つことによって、
顔の起き上がりや身体の起き上がりと言ったミスの原因を感じることができます。

確実に打てるように練習してみて下さい。
慣れてきたら、スイングを大きくしてみて下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。