ダウンスイングは下半身始動!手打ちはアウトサイドインの原因

ダウンスイングの下半身リードをマスターするために練習方法をご紹介します。

Feb_Flick

【お悩み】=======================
雑誌を見ていると、ダウンスイングは、トップを上げてから、
振り下ろすだけと書いてありますが、要領がよく分かりません。
============================

という質問を解決します。

バックスイングからダウンスイングにかけて、手を振り下ろすだけという感じになってしまうと、手打ちになってしまうことが多いです。

本来であれば、下半身から左の膝が元の位置に戻り、
腰が回転して、肩が動いて、手が動いて、最後に手が動いてくるはずです。
下から順番に動いてくるのが、正しいダウンスイングです。

ダウンスイングで手を使ってしまうと、スイング軌道がアウトサイドインに
なってしまいます。左腰を回転していくイメージで動かしていくと、
スイングプレーンに沿った身体の動きになってきます。

練習場では、鏡を見ながら、ダウンスイングの始動で、
手を上下に動かしている姿を見かけます。

しかし実際には、膝から始まり、腰、肩と下から動かすことによって、腕が下りてきます。

そこで正しい動きをマスターするための練習方法を紹介したいと思います。
通常通りにバックスイングを上げていきます。

ハーフスイングで結構ですので、肩の高さまでバックスイングします。
ダウンスイングに入る時に、左足を上げます。

踏み込んでから、ダウンスイングを開始していきます。
上半身はトップの位置で止めておいて、左足を踏み込んでから、上半身を始動していきます。
下半身の動きによって、上半身が始動する習慣を身につけてみて下さい。

動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

スライス修正練習ドリル。肩の開きと左の肘の引けを改善

ダウンロード (1)【お悩み】====================
どうしても身体の開きが早くなって、球がつかまりません。

身体の開きを抑えるドリルがあったら、紹介して下さい!!
========================

スライスの原因は、いくつか挙げられます。
原因の大半は、インパクトの時に、左肩が開いてしまうことです。

その結果、左ひじが抜けてしまうところにあります。
ボールがフェイス面を滑ってしまい、ボールに横回転がかかってしまいます。

この動きを修正するための練習ドリルをご紹介します。

通常のアドレスをとります。8番アイアンくらいが良いと思います。

アドレスをとったら、肩の向きを少し右方向に向けます。
クラブヘッドが右足の20センチくらい外側になるようにセットします。

セットしたら、ボールをヘッドの横にセットします。
この状態から、実際にボールを打ってみます。
aaa

目標方向は、スタンスの方向になります。
スイング軌道が、右側にならないようにして下さい。

フェースのローテーションを使いながら、目標方向に振り抜きます。
ボールは、若干フック回転になってきます。
この打ち方だと、インパクトで右肩はストレートになっていて、オープンにはなりません。

次はボールの位置を右足よりも若干内側に入れていきます。
この状態から、打ってみます。

最後に通常のアドレスで、いつもの位置にボールをセットして打ちます。
インパクトを身体の正面で迎える意識を持って、打ってみて下さい。

動画レッスンはこちら

最後までご購読いただきありがとうございます。

鉛でドライバーのスライス・フック修正法

鉛を利用して、フック・スライスを修正する方法をご紹介します。
ドライバー,鉛,バランス

スイングでスライスやフック防止以外にも、
鉛を貼る場所によって、球筋を変えることができます。

スライサーは、ヒール側に鉛を貼ります。
まずは、2グラムづつ貼っていきます。

0000432984_p01_01

フックする方は、トウ側に鉛を貼ります。
同じように、2グラムづつ貼っていきます。

images (1)

2グラムづつ貼りながら、ボールを打っていき、調節していきます。
鉛を貼りすぎてしまうと、ヘッドバランスが崩れてしまいます。
シャフトが相対的に柔らかくなってしまい、別のミスショットの原因になってしまいます。

この辺りは、少しずつ貼りながらながら、
「ふりやすさ」と「球の曲がり具合」を調整していってください。

ヘッドのソールの真ん中に貼ると、ヘッドの重心を下げることができます。
ヘッドの重みを感じることができることは、スイングにおいては重要です。

お手軽に球筋を変化させてみたい場合は、
ぜひ、鉛を活用してみてください。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。