スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリル

今回は、スライスの原因であるアウトサイドインのスイング軌道を修正するドリルについて、紹介したいと思います。

バックスイングを上げて、バックスイングの軌道に対して、外からヘッドを下していしまう、
スライスの原因であるアウトサイドインですが、これを修正するドリルを紹介します。

autosaidoinn

バックスイングしていただき、トップで少し止めていただきます。
トップで止めていただきたら、このように、3回ほどヘッドを回していただきます。

heddowomawasu[

回していただいて、後ろに来たタイミングで、ダウンスイングをしていただきます。
実際にボールを打ってみて下さい。

daunsuingu

アウトサイドインの場合は、みなさんからみて時計と反対回りに回してください。
それでは実際にボールを打ってみたいと思います。

通常のアドレスをとったら、バックスイングをしていただきます。
トップでヘッドを3回ほど回します。

自分のタイミングでダウンスイングを開始して、ボールを打ってみて下さい。
この練習ドリルによって、アウトサイドインの軌道ではなく、
回しながらダウンスイングをすることによって、ループを描いた状態で、
インサイドからクラブを下すことができるようになります。

クラブを回す以外は、いつもと同じ動きで大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼

パターのストローク中の肩の動き

今回は、パターのストローク中の肩の動きについて、紹介したいと思います。

最初に、アイアンを1本用意して下さい。
アイアンを両わきの下に挟みます。

アイアンをはさみます。

通常のスイングですと、肩を回転させると思います。
動画のようにバックスイングをしていきますと、
フェイス面がローテーションしてきてしまいます。

肩を回転させる

こうなると、真っ直ぐ転がすことが難しくなってしまいます。
2メートルくらいのパッティングするイメージでスイングしてみて下さい。

脇に立てたシャフトが、このように縦に動くようにスイングしてみて下さい。
例えばクラブが当たってしまう場合、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

縦に動くように

他には、クラブが当たってしまう場合、インサイドアウトになってしまいます。
右側に押し出してしまう形になってしまいます。

慣れてきましたら、グラブを両方にあてがって、スイングしてみて下さい。
自分の癖をチェックすることができます。

実際にクラブを両わきにはさんだまま、ボールを打ってみて下さい。
最初は、カップまでの距離を1mくらいから打ってみて下さい。

実際に練習

両わきにクラブをはさんだまま、ボールをカップインしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

パターのストローク中に芯でとらえるための練習方法

今回は、パターのストローク中に芯でとらえるための練習方法について、紹介したいと思います。

今回は、1mちょっとの距離を打っていきます。
使用するのは、サンドウェッジです。

サンドウェッジの刃をボールの真ん中に当ててボールを転がします。
ボールが浮くような打ち方はNGです。芝を擦ってもだめです。

刃をボールの赤道に当てていきます。このようにすることによって、
平行のストロークができて、芯でボールを打つことができます。

刃をボールの赤道に

それでは、実際に打ってみたいと思いますので、ご覧下さい。
グリップは、パターと同じグリップで握ります。

パターと同じグリップ

リーディングエッジをカップの方向に向けます。
リーディングエッジを少し浮かせて構えて下さい。

リーディングエッジを赤道にセットして下さい。
そこからゆっくりとしたストロークでボールを打っていきます。

ゆっくりとしたストロークで

この練習によって、頭のぶれや身体のぶれなどが修正されていきます。
芯でボールを捉えることができるようになるので、試してみて下さい。

パターマットでも練習グリーンでもOKです。サンドウェッジを持って、
練習するようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼