ダウンスイングは右手リード?左手リード?

こんなうれしいメールをいただきました^_^

====================

いつもお世話になってます。

『グリーン周り完全攻略メソッド』を購入して日々練習しているのですが、
DVDに関心させられるばかりです。

竹内プロのような玉が打てなくて四苦八苦しています。
どうしてもダフリばかりで (^^ゞ

ところで、このDVDのすばらしさについつい、
『ドロー飛距離アッププログラム』まで購入させていただきました。

手元に無事届き、ステップに沿って本日から練習開始です。
やはり難しいですね。 練習します。

教材はとても参考になります。しっかり練習したいと思います。

お時間がとれる時で結構なのですが、
どうしてもダフリがでてしまうのでお尋ねしたいと思います。

私はレフティなのでDVD等は左を右に聞き流して練習しているのですが、
バックスイング、切り返し、ダウンスイング、ヒット、フォローの
各流れの時の左右の腕の使い方(どちらを主導にするのか)が
分からなくなってしまいました。

全て左手を主体に振っています。 これが間違いなのか・・・

又、ダウンスイングの時右手リードでやってみると
完全にスライスになってしまいます。

悩みの繰り返しなのです。

何かヒントがあればご教授願います。
すみません、勝手な質問ですがよろしくお願いいたします。

====================

いや~本当にうれしいメールです。
ありがとうございます!!

まず、アプローチは焦らず、
DVDの基本編をしっかり行ってください。

特に10~20yが肝になりますので、
しっかりと実践してください。

>どうしてもダフリばかり、、、

とありますが、追加レッスンメルマガでダフリを改善する
練習方法も既に撮影し終わりましたので、

メルマガを楽しみにしていてくださいね^_^

グリーン完全攻略メソッド
グリーン完全攻略メソッドの詳細はこちら
http://mtgolfworld.com/greenmaster/

また、ドロー飛距離アッププログラムのご購入もありがとうございます。

こちらは、ステップを1つ1つクリアすることに
専念してくださいね!!

ステップごとの球筋がしっかりできるようになって
プログラム5つをクリアすると、

自然とドローボールが打てるようにプログラムしています。

焦らず、楽しみながら練習してください^_^

thumb_mtgolfworld_com4
ドロー飛距離アッププログラムの詳細はこちら
http://mtgolfworld.com/30yard-program/

さて、今回のお悩みとしては、

◯左手リード?右手リード?

◯ダフリ

です。

まず、ダウンスイングのリードはどちらかですが、
これは、左手リードがいいでしょう。(右利きの場合)

そして、ダフリの原因ですが、

コックのアーリーリリースが原因の1つです。
一度、こちらで紹介する素振りをしてみてください、

左手リード そして アーリーリリースの改善が
同時にできて、そしてダフリの改善になると思います。

詳しくはこちらの動画レッスンをご覧ください。

ダウンスイングは下半身始動!手打ちはアウトサイドインの原因

ダウンスイングの下半身リードをマスターするために練習方法をご紹介します。

Feb_Flick

【お悩み】=======================
雑誌を見ていると、ダウンスイングは、トップを上げてから、
振り下ろすだけと書いてありますが、要領がよく分かりません。
============================

という質問を解決します。

バックスイングからダウンスイングにかけて、手を振り下ろすだけという感じになってしまうと、手打ちになってしまうことが多いです。

本来であれば、下半身から左の膝が元の位置に戻り、
腰が回転して、肩が動いて、手が動いて、最後に手が動いてくるはずです。
下から順番に動いてくるのが、正しいダウンスイングです。

ダウンスイングで手を使ってしまうと、スイング軌道がアウトサイドインに
なってしまいます。左腰を回転していくイメージで動かしていくと、
スイングプレーンに沿った身体の動きになってきます。

練習場では、鏡を見ながら、ダウンスイングの始動で、
手を上下に動かしている姿を見かけます。

しかし実際には、膝から始まり、腰、肩と下から動かすことによって、腕が下りてきます。

そこで正しい動きをマスターするための練習方法を紹介したいと思います。
通常通りにバックスイングを上げていきます。

ハーフスイングで結構ですので、肩の高さまでバックスイングします。
ダウンスイングに入る時に、左足を上げます。

踏み込んでから、ダウンスイングを開始していきます。
上半身はトップの位置で止めておいて、左足を踏み込んでから、上半身を始動していきます。
下半身の動きによって、上半身が始動する習慣を身につけてみて下さい。

動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。