手打ちスイング防止ドリル

今回は、手打ちスイング防止ドリルについて、紹介したいと思います。
身体を同調させるための方法です。

手打ちの原因として考えられるのが、両わきの位置です。
両わきが胴体から開いてしまうと、手の動きと身体の動きがばらばらになってしまい、
手打ちになってしまいます。

手打ちを防止して、腕と身体の動きを一体化させるには、
両わきを胴体にくっつけて、一体化させる必要が出てきます。

両わきを一体化させるには、両わきに何かをはさんで、
腕と胴体の動きを一つにする必要があります。

練習ドリルでは、タオルを使用していきます。
タオルを左わき右わきにはさんでいきます。

タオルを使用

左わき右わきにはさむ

両わきにはさんだタオルが、どちらとも落ちないようにして下さい。
両わきを意識して、スイングを作っていきます。

hasannde

両わきにはさんでいただき、軽くはさんでいる状態で、スイングをしていきます。
このような形で、両わきにタオルをはさんでスイングをしていただくと、

インパクトでの左わきの離れやバックスイングでの右わきの開き、
ダウンスイングでの左わきの開き、このあたりが解消され、身体を同調した
スイングができてきます。

みなさんも試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法

今回は、ダウンスイングでの正しい腰の回転を覚える方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、正しい腰の動きで、回転は出来ていますか。このビデオで、
正しい腰の動きをチェックしてみましょう。

レッスンをしていると、バックスイングを上げてから、
ダウンスイングにかけて、右の腰が前に出ながら、ダウンスイングをしている方が
非常に多いです。このように前に出てしまうと、前傾角度の起き上がりや
シャンク、手元が前に出てしまい、シャンクになってしまいます。

右の腰が前に出ながら

さまざまなミスショットの原因を作ってしまいます。
ここでは、バックスイングを上げる前のアドレスの状態で、
シャフトを腰に当てます。

アドレスの状態で

シャフトを少し前方に出していく形で、スイングをしていきます。
このポジションから手の位置は変えないようにして、腰を回してみて下さい。

少し前方に出す

腰を回して

ダウンスイングの時には、前に出ないように当たらないように、
内側で回転するようにして下さい。

もう一度やってみます。アドレスのポジションから、
シャフトを少し前に出していただいて、バックスイングして、
ダウンスイングで、当たらないように回転していきます。

ここで当たってしまう方と言うのは、バックスイングしてから、
ダウンスイングで、腰が前に出て当たってしまいます。
手が前に出てしまいます。下にもシャフトを置いて、重ねるような形で、
スイングを作っていくと、分かりやすいです。

一本は下に置き、一本は手に持って下さい。当たらないように
バックスイングして、ダウンスイングして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法

今回は、おへその向きで、上体の捻じれをチェックする方法について、紹介したいと思います。
みなさんは、バックスイングで身体の捻転はしっかりできていますか。
今回のレッスンでは、おへその向きをチェックして、上体の捻転を作っていきます。

アドレスを構えた時は、へそは真正面を向いています。
ここからバックスイングをしていった時に、おへそが右のつま先を
向いていることを確認して下さい。

バックスイング

右のつま先の上に、へそが向いていますか?
ダウンスイング、インパクトでは、おへそは、若干左を向いていることを確認して下さい。

インパクト

フォローにかけては、左足つま先の上にくるようにスイングしてみて下さい。
こうすることによって、お腹と背中の筋肉が捻じれてスイングできるようになってきます。

お腹背中捻じれて

それでは、実際にスイングしていきたいと思います。
最初は、おへそは正面を向いています。

バックスイングをしていくに従って、おへそは右を向いていきます。
トップでは、おへそは右足のつま先の上を向いています。

ダウンスイング、インパクト、フォロースルーにかけて、
おへそは、だんだん左方向に向いていきます。

この動きをあまり意識しすぎてしまうと、バックスイングで、
上体が右方向に流れてしまうことがあるので、注意して下さい。

▼動画レッスンはこちら▼