バックスイングをスムーズに動かす為の練習ドリル

今回は、バックスイングをスムーズに動かす為の練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

バックスイングで力が入ってしまい、

ヘッドスピードが、なかなか上がりません。

何か良い解決策があったら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

バックスイングで力が入る原因は、色々考えられますが、
最初にグリップを強く握っていないか確認してみて下さい。

グリップに力が入ってしまうと、身体の捻転の力を上手に
使うことができずに、手打ちになってしまい、ヘッドスピードが
上がりません。

グリップを軽く握ることによって、身体の捻転の力がヘッドに伝わりやすくなります。

次に、スイングの練習ドリルです。
通常のアドレスで、構えていただきます。
素振りを何回かしてみて下さい。

通常のスイングであれば、バックスイングを開始しますが、
今回の練習ドリルでは、バックスイング前に、
前方に、振っていただきます。

mae

前方に振った勢いで、バックスイングしていきます。
バックスイングは、通常通りにフィニッシュまで、
持っていきます。

ikioi

この練習ドリルで、バックスイングの力みを解消することができます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

トップで体重をポジションとそこにしっかり乗せる方法

トップでの体重をどこにかければいいのか、
そして、そこに体重をかけるにはどうしたらいいのかを解説します。

【お悩み】
======================
バックスイングのときは、
土踏まずの少し上に体重をかけるように言われていますが、
どうしてもかかとに体重が乗ってしまいます。
体重をかける位置を意識する方法を教えて下さい。
======================
というご質問にお答えしたいと思います。

トップで体重が乗るポジションは、土踏まずの少し上の
母子球の上あたりに体重をかけていく動きを作ることが大切です。

バックスイングで母子球に体重を乗せていけないかたのための
レッスンですが、マーカーを使っていきます。

マーカーを靴下の中に入れていきます。母子球の上に張り付けて下さい。
実際にボールを打ってみて下さい。

右足の母子球かやや下あたりに、
マーカーが付いていることを確認してください。

実際にスイングする時は、マーカーの一点に体重を乗せるようにして下さい。

マーカーを押しつぶすイメージで、バックスイングしてみて下さい。
マーカーを地面に押し込むくらいのイメージで大丈夫です。

足の裏に何もないより、マーカーを入れて、マーカーを踏んでいく感覚で、
スイングしましょう。母子球に体重が乗る感じをつかめると思います。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

バックスイングでの伸び上がり防止法

「バックスイングの時に、右腰が伸びてしまい、体重が左足に残ってしまいます」
とのご質問にお答えしたいと思います。

右の腰が伸びてしまう時は、右の膝を確認することが大切です。
腰が伸びるといくことは、右の膝が伸びていることを意味しています。

アドレスの時に、右の膝がどこを向いているかです。
アドレスからバックスイングにかけて、右の膝が上でもなく、
外側でもなく、真正面を向いていることが重要です。

右膝の向きを維持しながら、バックスイングをしていくことがポイントです。
そうすることによって、右の腰の伸びあがりを防ぐことができます。

右膝の向きが変わったり、伸びてしまうことによって、
腰が伸びてしまうので、注意して下さい。

バックスイングでの伸び上がりを防止するための練習方法を紹介します。
アドレスからバックスイングにかけて、工夫を加えていきます。

右膝を少し内側に向けるフォワードプレスを入れていきます。
右膝を内側に向けることをスイッチとして、バックスイングを始動します。
aaaa

この練習を繰り返すことによって、右膝の伸びあがりや向きのズレを防ぐことができます。
この練習が難しい場合は、アドレスの時に、右のつま先を少し内側に向けます。

そうすることによって、自然と右膝の向きが正しい方向に向きやすくなります。
この状態からバックスイングすることは、きついかもしれませんが、
右膝や右腰に踏ん張りが生まれます。

こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。