手打ちスイング防止ドリル

今回は、手打ちスイング防止ドリルについて、紹介したいと思います。
身体を同調させるための方法です。

手打ちの原因として考えられるのが、両わきの位置です。
両わきが胴体から開いてしまうと、手の動きと身体の動きがばらばらになってしまい、
手打ちになってしまいます。

手打ちを防止して、腕と身体の動きを一体化させるには、
両わきを胴体にくっつけて、一体化させる必要が出てきます。

両わきを一体化させるには、両わきに何かをはさんで、
腕と胴体の動きを一つにする必要があります。

練習ドリルでは、タオルを使用していきます。
タオルを左わき右わきにはさんでいきます。

タオルを使用

左わき右わきにはさむ

両わきにはさんだタオルが、どちらとも落ちないようにして下さい。
両わきを意識して、スイングを作っていきます。

hasannde

両わきにはさんでいただき、軽くはさんでいる状態で、スイングをしていきます。
このような形で、両わきにタオルをはさんでスイングをしていただくと、

インパクトでの左わきの離れやバックスイングでの右わきの開き、
ダウンスイングでの左わきの開き、このあたりが解消され、身体を同調した
スイングができてきます。

みなさんも試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

トップでの手首の動きをマスターする練習ドリル

今回は、トップでの手首の動きをマスターする練習ドリルについて、紹介したいと思います。
正しいトップポジションを作り、手首の動きをマスターするための練習です。

トップの位置がしっくりこない方や手首の動きが硬い方、左手が
曲がってしまう方に有効なドリルです。

通常のアドレスで構えていただいて、バックスイングの時に、
右手の平をスライドさせていきます。シャフトの方にスライドさせていきます。

スライドさせて

それでは一度やってみたいと思います。このような形で、
バックスイング中に手をスライドさせて、シャフトを持つような形にしていくと、
この右手で左腕を引っ張るような形になります。

一度やってみます

そうすることによって、左腕が曲がるとかコックが入らない方、
そのような症状が修正されていきます。

バックスイングでは、手をスライドさせて、少し内側に引っ張るような形で、
左手の小指を遠くに持っていくようなイメージです。

小指

バックスイングでスライドさせる練習をしてみて下さい。
この練習では、ボールを打つことはできませんが、
素振りで、体感することができます。

この形を感じながら、ボールを打ってみたいと思います。
左手の小指を遠くに移動させて、内側に押し込む感じを持って下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリル

今回は、 テークバックの悪い動きであるリバースピボット修正ドリルについて、紹介したいと思います。
テークバックで上体が前に突っ込んでしまうリバースピボットを修正していきます。

本日のレッスンでは、練習場で使う緑のかごを使用していきます。
かごが無ければかごでなくても結構です。左足を支えることができる物であれば、大丈夫で
す。

かご使用

台に左足をセットしていただいたら、スタンスをとっていただきます。
このようにすることで、バックスイングでしっかりと右足に体重を乗せることができます。

このようにすることで

右足に体重がしっかりと乗っていることが感じられると思います。
この状態から、肩のポジションまでダウンスイングをしてみて下さい。
しっかりと振り抜くようにして下さい。

肩のポジション

それでは打ってみたいと思います。
スタンスは、ワイドスタンスにして下さい。台の端に左足を乗せていきます。
左足のつま先は、若干オープンにして下さい。

ボールは両足のセンターにセットして下さい。
バックスイングでは、右足に体重を乗せていただいて、上体を十分に捻転していきます。

ダウンスイングでは、体重を左足に乗せていきます。
上体をしっかり回してください。

この練習で体重が右足に乗ってくる感覚を覚えて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼