ドライバー飛距離アップ!クラブのリリースをマスターするドリル

今回は、ドライバー飛距離アップ!クラブのリリースをマスターするドリルについて、紹介したいと思います。
クラブの解放のタイミングをマスターして、飛距離をアップしていきます。

今回の練習ドリルでは、トップの位置から手首が最初に動いてしまう方や
すくい打ちをしてしまう方に有効な練習ドリルになります。

まずは通常通りにアドレスしていただきます。
ここからトップまで上げていただきます。

トップまで上げて

ここから手首を使わずに、ダウンスイングしていきます。
クラブを腰の位置まで持ってきてください。

手首使わずに

腰の位置まで下してきたら、手首の位置を確認してみます。
この時、腕とクラブが一直線になっていたら、その動きはNGです。

手首と腕一直線

手首のコックをほどかないで、クラブが上にあるようにしてみて下さい。
ここから右腕をボールより前に動かしてみて下さい。

ボールより前に

手首のコックをほどかない状態で、腰の位置まで持ってきたら、
一気に右腕を伸ばしてみて下さい。

クラブが腰の位置まで来た時点では、右腕はまだ曲がっていきます。
この時点で右腕が伸びてしまうと、飛距離は伸びません。

曲がっている状態から、前に伸ばしていきます。
フォロースルーは、肩の高さまでで結構です。

一度打ってみたいと思います。
通常通りにアドレスして頂いたら、トップまで持ってきてください。

下半身を回しながら、ダウンスイングをしてみて下さい。
手首の角度とヘッドのポジションを確認して頂いたら、
右腕を伸ばしていきます。

部分部分をチェックして頂いたら、一気に右腕を伸ばしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼

リズム、テンポ&バランスを養う練習ドリル

今回は、リズム、テンポ&バランスを養う練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ボールを見てしまうと、ボールを打ちにいったり、
スイングが速くなったりして、様々なミスの原因になってしまいます。

ボールを打つためには、目を開けてスイングすることは、絶対に必要ですが、
目を開けることによって、ボールを遠くに飛ばしたいとか真っ直ぐ打ちたいとか
グリーンに乗せたいなど結果を気にしてしまい、スイングそのものに
集中することが難しくなってしまいます。

今回のレッスンでは、アドレスをしてから、目をつぶってスイングしていただきます。
目をつぶってスイングすることによって、自分の中でフェイス面の向きや
身体の重心の位置などを体感しやすくなってきます。

体重がふらふらするなどのお悩みをお持ちの方には、効果的なレッスンです。
それでは一度目をつぶってスイングをしていきたいと思います。

アドレスまでは、しっかりセットして下さい。
バックスイングを上げる直前で、目を閉じてみて下さい。

実演アドレス

目を閉じたら、身体の動き、重心、フェイス面を感じながら、
バックスイングを開始して下さい。

目を閉じたスイング練習を通じて、身体の動きを体感してみて下さい。

実演トップ

実演バックスイング

実演フォロー

▼動画レッスンはこちら▼

スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリル

今回は、スライスの原因のアウトサイドインを修正する為の箱ドリルについて、紹介したいと思います。

アウトサイドインの軌道を修正して、スライスを修正していきます。
大きな箱を用意して下さい。箱をボールの前にセットして下さい。

大きな箱

画面の向こう側に打っていくように構えていただきます。
ボールからヘッド一個分離して、箱をセットしてみて下さい。

ボールからヘッド1個分

この状態からスイングしてみて下さい。
スイング軌道がアウトサイドになってしまうと、ヘッドが箱に当たってしまいます。

アウトサイド

箱に当たらないように、バックスイングをインサイドに上げていきます。
ダウンスイングでは、インサイドに降ろしていきます。

インサイドインにスイングするためには、手打ちにならないようにして、
身体の捻転を使って、スイングしてみて下さい。

それでは、実際に箱をセットして、スイングを作っていきたいと思います。
箱をセットしたら、通常のアドレスをとっていただきます。

ボールは、身体のセンターにセットしていただいて、ハンドファーストに構えて下さい。
バックスイングでは、両肩と手首の三角形を崩さないようにして、
上体の捻転を使って、クラブを上げていきます。

トップでは、左肩がアゴの下に入るまで、十分に上体を捻り上げて下さい。
左足のかかとを上げてしまうと、前傾角度が崩れやすいので、注意して下さい。

最初からボールを打つのが不安な方は、素振りから始めていただいても構いません。

▼動画レッスンはこちら▼
)