ゴルフスイングの体重移動をマスターするステップドリル

今回は、 ゴルフスイングの体重移動をマスターするステップドリルについて、紹介したいと思います。

本日の練習ドリルは、シンプルですが、とても有効なドリルとなります。
是非皆さんも一度試してみて下さい。

ゴルフにおいて、体重移動は飛距離と方向性を出すうえで、重要な要素の1つです。
体重移動が不十分になってしまうと、手打ちになってしまったり、
あおり打ちの原因になってしまいます。

体重移動が不十分になることによって、スライスやフックが出やすくなり、
方向性や飛距離が不安定になってしまうので、体重移動はマスターしておきたいところです。

まずスタンスを閉じていきます。
ボールのポジションは、自分の身体よりも左側にセットして下さい。

スタンス閉じる

ボールのポジション
この状態で構えていただいたら、バックスイングと同時に左足を上げます。

左足を上げる

こうすることによって、右足体重のバックスイングを作ることができます。
ダウンスイングの直前に左足を踏み込んでいきます。
そのままスイングをしていきます。

ダウンスイングの直前

それでは一度打ってみたいと思います。
左側にセットして、この状態で構えます。

バックスイングで上げて、ダウンスイングで下していきます。

▼動画レッスンはこちら▼

トップ 伸び上がり修正ドリル

今回は、トップ 伸び上がり修正ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

インパクトで、前傾角度を維持することができず、

角度が変わってしまいます。

前傾角度を維持するための良い練習方法が

あったら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

前傾角度をキープできない方々の特徴は、
バックスイングを上げた時に、右足のかかとが
先に浮いてきてしまったり、お尻が前に出てきてしまう
傾向があります。

kakato

このような特徴をお持ちのゴルファーの方々のために、
効果的な練習ドリルを紹介したいと思います。

通常のアドレスをとっていただきます。
右足のかかとで、クラブヘッドを踏んでいただきます。

humu

ハーフからスリークォーターのスイング幅で、スイングをします。

その際に、右足のかかとで踏んだクラブのシャフトが、
ダウンスイングの時に、倒れてしまわないように、
かかとでクラブを踏んだまま、腰を回転させるイメージで、
スイングして下さい。

taoreru

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

トップで体重をポジションとそこにしっかり乗せる方法

トップでの体重をどこにかければいいのか、
そして、そこに体重をかけるにはどうしたらいいのかを解説します。

【お悩み】
======================
バックスイングのときは、
土踏まずの少し上に体重をかけるように言われていますが、
どうしてもかかとに体重が乗ってしまいます。
体重をかける位置を意識する方法を教えて下さい。
======================
というご質問にお答えしたいと思います。

トップで体重が乗るポジションは、土踏まずの少し上の
母子球の上あたりに体重をかけていく動きを作ることが大切です。

バックスイングで母子球に体重を乗せていけないかたのための
レッスンですが、マーカーを使っていきます。

マーカーを靴下の中に入れていきます。母子球の上に張り付けて下さい。
実際にボールを打ってみて下さい。

右足の母子球かやや下あたりに、
マーカーが付いていることを確認してください。

実際にスイングする時は、マーカーの一点に体重を乗せるようにして下さい。

マーカーを押しつぶすイメージで、バックスイングしてみて下さい。
マーカーを地面に押し込むくらいのイメージで大丈夫です。

足の裏に何もないより、マーカーを入れて、マーカーを踏んでいく感覚で、
スイングしましょう。母子球に体重が乗る感じをつかめると思います。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。