アプローチでのフォローを考えトップを無くす練習ドリル

今回は、アプローチでのフォローを考えトップを無くす練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

アプローチでのミスが多いです。

トップやダフリを無くすための練習方法が

あったら、教えて下さい。

お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチでのトップやダフリを解消する
練習ドリルを紹介します。

2人1組で取り組むと効果的です。
まずボールをセットします。

アドレスしたら、ボールから50センチくらい前方に
ひざの高さくらいで、シャフトをセットします。
シャフトが当たらないように、気をつけて下さい。

セット

前方にセットしたシャフトに当たらないように、
スイングしてみて下さい。

フォロースルー

このようにすることで、低く長いフォローを
とることができます。

すくい打ちなどのミスの原因になるスイングが、
無くなってきます。

セットされたシャフトの下を通すようにイメージで、
スイングして下さい。

当たらないように

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。

アプローチでのダフリ&トップを撲滅するドリル

今回は、アプローチでのダフリ&トップを撲滅するドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

アプローチで、なかなか距離感が合いません。

距離感を合わせようとすると、トップやダフリが

出てしまいます。距離感を合わせて、トップや

ダフリをなくす方法を教えて下さい。

お願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチでダフリやトップをしてしまう方は、
ボールを上げようとしてしまい、すくい打ちに
なっているケースが多いようです。

右に体重が残る

すくい打ちをしている方は、どうなっているかというと、
右に体重が残ってしまい、身体が上を向いてしまう
ことが多いです。

すくい打ち

このような体勢になってしまうと、距離感が合わず、
トップやダフリが出てきます。

ここで、左足1本で構えていきます
左足1本で構えたら、小さいスイングで、振ってみて下さい。

左足1本

こうすることで左足軸回転で、スイングすることができます。
股関節に体重をしっかり乗せることができ、
きれいなインパクトを作ることができます。

左足1本打つ

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。